「20代後半、彼氏不在、ただし出会いは豊富な女子」が心がけることとは

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.13.Thu

20代も後半に差し掛かると、周りがちらほら結婚していきます。また、彼氏のいる女子が大半で、フリーな女子は土日にどうしよっか、という話ですよね。相手アリな女子は土日が埋まっていることも多く、遊ぶ相手がいない…ということになりかねません。

ではどうするか。さっさと相手を見つけちゃいましょう!
なんだか勿体ないと思いませんか?
20代後半は花盛りの時期。恋愛をするとキレイにさらに磨きがかかるのに、それをできない状況というのは実に損です。

今回は「20代後半、彼氏不在、ただし出会いは豊富な女子」にターゲットを絞り、そんな女子が再び恋愛をするために心がけておきたいことについてお話します。比較的プラス思考で前向きな女子。出会いは多いのに、なかなか相手が見つからない。世に溢れる「彼氏ができるはずなのにできない」女子の皆さんは必見です。

「出会ったオトコはすべて落とす」覚悟で臨む!?

極論ですが
「そんなの無理じゃん!?」と思われるかも知れませんが「出会ったオトコはすべて落とす」覚悟で臨みましょう。たとえ好みの男子でなくても、関係ありません。とにかく落とす経験を増やすこと。そもそも出会いは多いのです。出会いの母数はあるわけです。また、過去や直近の出会いも含めて、在庫は多いわけです。それを活かさない手はありません。

飲み会、合コン、日常生活、偶然出会った人と接するときは常に全力で。男子と向き合うとき「この人は落ちる、私に落ちる」と暗示をかけるくらいでちょうど良い。女子として意識されてなんぼです。そうやって確度の高い相手を増やしていきます。女子として見てくれる男子を周りに増やすことで、言動も自然に磨かれ、女子力がどんどん上がります。

そもそも女子として、異性として認識されない限り、恋愛に発展することはありません。本命に出会うとき、つまり「本番」に備えて、できるだけ女子力を上げておくことが重要です。練習で上手くいかないのに、試合で上手くいくはずがありません。平常心モードのときにも、最高の女子的パフォーマンスを出すこと。その積み重ねが恋愛成就につながります。

注意すべきは「落としたい男子」を厳選しないこと。あくまでも「出会ったすべての男子を落とす目標」は変えないことです。
選び過ぎると、そもそも練習すらできません。女子力は主観的ではなく、客観的に評価されるべきもの。男子からの評価を得ることで、現状の女子力を測ることにもなります。モテはモテを呼ぶという法則は真実です。モテ機会を増やしつつ、本命をゲットしましょう!

ライター:sonoko0511

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!