恋愛が億劫なのはあなただけじゃない!今どきの女性が陥りやすい恋愛不安症(MFDA)

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.02.04.Fri


しばらく恋愛から遠ざかっていると、次の恋に踏み出すのがなかなか億劫に感じたりしませんか?
それはあなただけじゃありません。欧米女性の中でも、仕事や趣味に生きがいを覚え、恋愛を後回しにしてきた結果、恋愛をするのに気後れしてしまう人が多いのです。
ある女性誌では、これを現代女性の恋愛不安症(Modern female Dating Anxiety:MFDA)と呼び、いかにこの症状を克服するべきか、というアドバイスが紹介されていました。日本の私たちにも参考にできる点が多いと思います。

恋愛不安症(MFDA)にはこんな症状があります。

・恋愛やデートとなると、不安が増大し、他のことが考えられなくなる。

・彼氏やパートナーから連絡がないと、気分にムラが出て、イライラしがちになる。

・デートの前になると、不安でどうしようもなくなる。

・彼があなたのことをどう思っているか、四六時中気になってしょうがない。

・一生、独り身で過ごすことになるのではないかと、心の底で考えている。

・デート、恋愛、セックスなどで悩むくらいなら、恋愛などせず、猫でも飼うほうがマシと思っている。


女性なら誰しも、一度くらいは思うことがあるのではないのでしょうか。でも、恋愛や男性への不安と不信が昂じてしまい、臆病になってはいけません。恋愛不安症(MFDA)は克服できるものなのです。

恋愛不安症(MFDA)を克服する4ステップ

1.自分のニーズを知る

いい恋愛をするためには、自分がどんなことを求めているのか、知ることがまず大切です。
「理想の男性チェックリスト」を作って、毎日持ち歩きましょう。ただし、このリストは、現実的なものでなくてはなりません。リストを作るときは、過去の恋愛も振り返り、反省もふまえましょう。

2.自分は彼にとって相応しい女性であると自信を持つ

単なるお友達やセックスフレンドとして関係を築くよりも、やはりちゃんとしたステップを踏んで、カップルとしてお付き合いするほうが、長く安定した恋愛関係になります。
曖昧な関係を続けていて、ある日突然真剣なお付き合いに発展させるのはほとんど不可能といってもよいでしょう。

3.デートする相手を1人に限定しない

自分にとって最高の相手を見つけるためには、いろんな男性をみるべきです。ただし、真剣に付き合おうと思う相手以外とは、デートはしても決してセックスはしないこと!
不特定多数の人とデートすることはありませんが、数をこなすことで、恋愛に対する恐怖心や不安も薄まってゆくはずです。

4.時間をかけて新密度を深めてゆく

恋愛関係を深めるペースは、人それぞれです。あせることなく、ゆっくりと時間をかけて、相手との関係を築いてゆきましょう。
肉体関係についても、あせってセックスにはしる必要はありません。最初の1ヶ月は、キスとハグだけにして、2ヵ月めにはもう少し新密度を増し、3ヶ月目でセックスをむかえる、というのも大いに結構です。
大事なのは、自分にとって快適だと思えるペースを守ること。時間をかけて新密度を増してゆくプロセスそのものを楽しみましょう。

いかがでしょうか。しばらく、恋愛から遠ざかっていた人も、これを機に新しい恋愛に踏み出してみませんか?
どんなに恋愛経験が豊富な人でも、最初はドキドキや不安を感じているものです。でも、その壁をひとたび破れば、また素敵な恋が始まるかもしれません。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!