夫婦ゲンカが多くても幸せ?結婚生活を楽しむ秘訣

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.09.28.Wed

料理の味付け、掃除の仕方、帰宅時間・・・
夫婦ゲンカの火種は様々なところにひそんでいますよね。ケンカするほど仲が良いとは言いますが、離婚の理由で一番多いのも「価値観の違い」。ケンカをすると嫌な雰囲気になるし、あまりにも夫婦ゲンカが多いと、この結婚は失敗かもなんて思うことも。しかし夫婦ゲンカが多いからといって、不幸というわけではないではないことがわかりました。

夫婦ゲンカと幸せの関係

ペン州立大学で、1000組の夫婦を対象に、20年間に渡って5回ほど、ケンカの頻度と幸せの度合いについての調査が行われました。その結果、ケンカの多い夫婦が23%、普通が60%、少ない夫婦が17%。結婚にとても幸せを感じている夫婦が38%、普通が41%、あまり感じない夫婦が21%でした。半分以上の夫婦は、ケンカの頻度は普通で、幸せの度合いも高いか普通という組み合わせでした。

夫婦ゲンカが多くても幸せ?

ケンカの多い夫婦は、20年経ってもケンカは多いままでした。また他のグループに比べて、離婚率も高い傾向にあります。しかしケンカの多い23%の夫婦のうち、半分以上である14%の夫婦が幸せ度合いも高いと答えました。ケンカが多いからと言って、幸せでないというわけではないのですね。ケンカが多くても、引きずらないで問題を解決し、お互いを信頼し合あうと、夫婦の気持ちがすれ違わないようになります。

ケンカを少なく、結婚生活を楽しむために

それでもケンカは少ないほうがいいですよね。ケンカが少なく、幸福度が高く、離婚率も低い夫婦には、物事の意思決定を共有する、夫と家事を分担している、生涯の結婚を信じるという特徴がありました。意思決定と家事を共有する夫婦は、お互いの立場を尊重していて、夫婦間のコミュニケーションがうまくとれています。また最も離婚率の少ないのが、生涯の結婚を信じている夫婦でした。この相手しかいないと思うことで、相手の意見を受け入れる余裕が出てくるのでしょう。

夫婦ゲンカを少なくするためには、ケンカが始まったら、大きな問題になる前に小さな問題から解決するようにしましょう。相手を頭ごなしにけなすのではなく、問題を解決するために冷静に話し合いをすることが大切です。また友達や社会との関わりを持つようにすると、夫婦ゲンカのストレスも発散でき、心に余裕ができますよ。

参考記事:Marital Conflict May Not Ease Over Time

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!