twitterやFacebookで気になる異性と仲良くなる方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.05.03.Tue

twitterやFacebookなど(以下、まとめてSNSと記載)をしていて「この人ともっと仲良くなりたいな」と感じることはありませんか。

確かに「対面しない」というインターネットの特性上、「直接会わないのにどうすればいいの?」と思われる方が多いかも知れません。しかし、気になる相手と簡単に距離を縮める方法はあります!しかも結構簡単。

早速見ていきましょう。本日紹介する方法は、以下の場合に有効です。
・1度会ったことはあるけれど、それ以来SNS上で相手の投稿を見ているだけの場合
・1度も会ったことはないけれど、相手のプロフィールや投稿内容が総合的に気になる場合

SNSで異性と仲良くなるポイント

ポイントは3つ。ステップごとに進んでいきましょう。ここで大事なことは、SNS上で仲良くなるのもリアルの場で仲良くなるのも、基本的には似ているということ。この原則を忘れないようにして下さい。

ステップ1 相手を知る

仲良くなるためには、相手のことをある程度知っておく必要があります。投稿から、相手の趣味や好きそうなものを大体で良いのでつかんでおきましょう。感覚的な程度でOKです。

たとえば相手が観た映画について投稿していた場合、そのタイトルぐらいは心に留めておきましょう。実際会ったときに「××を観たってつぶやいてたけど、どうだった?」という感じで、会話に出すことができます。

しかし「××についてつぶやいてたよね」と1度に何度も口にする場合「ストーカーっぽい」と思われる可能性があるので注意。「俺の投稿見過ぎ…」、「俺のこと知り過ぎ…」と受け止められると終了します。

たとえ分析のために、相手の投稿を入念にチェックしていたとしても、適度にコメントするくらいにしておきましょう。「俺のつぶやいたことを見てくれてるんだな」、「俺にちょっと関心持ってくれてるんだな」と軽く思わせる程度で、こちらの印象がUPします。

ステップ2 絡みは週3程度

SNS上で1日に何度も投稿に対してリプライしてきたり、いいねボタンを押しまくったりしてくる人はいませんか。しかもそれが1度しか会ったことがない人、または1度も会ったことはない人であるというパターンである場合…どう感じるでしょうか。

明らかに「ウザい」としか感じませんよね。しかも、自分の投稿をストーカーのように“リアルタイムで追っている感”が漂っています。上の「相手を知る」の中でも書いたように、たとえそうであったとしても「チェックしていること」を悟られてはいけません。

ということで、相手に絡むときは程良い頻度にしましょう。週3程度がちょうど良いペースかと思います。まったく絡まないのはNGです。傍観者のままでは、仲良くなるきっかけすら生まれませんし、存在を認識してもらえません。

リアルの場でも同じことです。相手と接点を持たない限り、進展はまずないといえるでしょう。すこしの勇気を持って、軽いリプライやいいねボタンからスタートしてみましょう。

ステップ3 「行きたい!」発言

「この人と直接会ってみたい」と思う場合、何らかのアクションが必要となります。ここでいうアクションとは2パターンあります。1つ目は相手発信にのっかるパターン、2つ目は自分発信パターンとなります。順に説明していきます。

まず「相手発信パターン」ですが、相手が「××に行きたいなー」、「××が気になる」などとつぶやいたときに、それにリプライします。「私も行ってみたいな」、「××好きですー」などというのが効果的です。

この返しをするときは、ある程度仲良くなった状態なので、相手から「じゃあ良かったら行きませんか?」とお誘いが来る可能性は大きいです。そうなればこっちのものです。直接会って相手をしっかり見てきましょう!

相手発信パターンのように「こちらから乗っかることのできるつぶやきを、相手がしていない」場合には、自分が「相手に乗っかってもらうつぶやき」をしなくてはなりません。それが「自分発信パターン」です。

このステップに来るまでに、ある程度相手のことを分かっているはずなので、相手が興味を示して来ると想定されることをつぶやきます。たとえば洋画好きな相手であれば「××観たいなー」、広告業界で働く相手であれば「××(広告系の展覧会)に行きたいなー」などなど。

分析がきちんとできていれば「お。俺も気になってるー」などとリプライが来ます。そのときは「あ、じゃあ一緒に行っちゃいませんー?」などと軽く返してみること。こういうときは良い意味で“かるく”いきましょう。基本的に女性からソフトに誘われて嫌な男性はいません。


最後に

ここまで見てきたように、SNS上での人との関わり方もリアルでの関わり方も、基本的には変わりありません。徐々に距離を詰めていくのが望ましい道のりといえるでしょう。

ただ特に、1度も会ったことのない人の場合、直接会うまでにはいくらか手間がかかるでしょう。その時間をできるだけ短くするには、SNS上で相手からも自分に興味を持ってもらうことが重要となります。

上のステップを実行する中に、相手が「拾ってほしいと思っていそうなつぶやき」を拾ってあげるなど、その他大勢の中で目立つ努力をしましょう。それが結果的にプラスに働きます。

最終目標は「相手とリアルで仲良くなる」こと。がんばって下さい!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!