愛の為にするべきではない5つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.05.12.Thu

私たちは、新しい関係を築いていくときはいつだって、自分でリスクを背負って不確かな不安と戦っていかなければなりません。その関係がどんなものになっても、誰も保証はしてくれないし、その関係がこの先どうなるのか、うまくいくのか、うまくいかないのか、誰かにわかるものではありません。

『愛されたい』という願望、また、『愛したい』という衝動は、『食べ物を食べたい』とか『水を飲みたい』という欲求と同じように私たち人間の本能の中に埋め込まれているもの。そして、山あり谷ありの人生を送っていく上で、その『愛したい』『愛されたい』という欲求が満たされると、その経験が私たちの成長の糧となり、確かなものとして自分の中に蓄積されていきます。

しかし、どんどんと愛に飢えていってしまうと、その空虚さを満たすために誰かを探すことすら、できなくなってしまうことも…。愛の欠落は、私たちに重い影を落としかねないのです。

どうしようもないほどロマンティックな関係を求めてしまうということは、最悪の悲劇や苦難に耐えてまで、愛している人を失わないようにこうどうする理由にも成り得るものでしょう。人は、愛のためになんだってするし、時には、すべきでないことまでしてしまうこともありますよね。

『ロマンティックな関係になりたい』という気持ちを現実のものにしていくためには、何が大切か、何をすべきか、何が起こっているのかを良く考えて、画策する必要があります。けど、これも行き過ぎると周りがだんだん見えてこなくなってしまい、不自然な愛へと突き進んでしまう可能性も…。そうなったら、ちゃんと自分で自分のコントロールを取り戻して、舵を撮り直し、自然な愛の状態へと持っていかなくてはなりません。

これは、愛の為にすべきことを選択する大きな分岐点です。この分岐点での選択を間違えると、もう自分が自分で無くなって、精神のコントロールが効かないくらいになってしまうこともあるし、逆に素敵でロマンティックな関係を手に入れることもできます。

ここでは、いくら愛のためとはいえ、選択してはいけないことをお教えします。もしこういった行動をとってしまったら、その愛は危険な愛なのかも…。間違って後悔してしまうような選択をしないためにも、参考にしてみてくださいね。

1、彼と話をするチャンスを作ろうとして、彼を追いかけすぎる。

もし誰かが本気であなたを愛してくれたなら、一回の電話を取らなかったからと言って、その愛が永遠に失われるとは思わないはずです。一回の電話をのがしても、きっとまたチャンスはあると信じて生きて行ける関係のほうが、きっとお互いにとって幸せな関係になるでしょう。

2、愛をしつこく確かめすぎる

『愛』は、自分の意志でコントロールできない感情です。無理やり誰かに抑えつけられたり、しつこく確かめすぎると逆に嫌われてしまうことも…。彼の本当の気持を引き出してあげることが何よりも大切な事です。自分が不安だからといって『本当に愛してるの?』ってしつこく聞くのではなく、自然な形で『愛してるよ』といってもらえる関係を作りましょう。

3、自分を傷つけない

どんなに破壊力のある人でも、むやみにその破壊力を使って者や関係を崩したり、人を傷けたりなどしません。誰かを愛することとは、セルフコントロールが効かない状態になることではないし、むしろ自分の幸せを自分でコントロールできる状態になれる恋愛をすることが大切です。

4、自分の気持にしたがって、自由に生きる

あなた自身が、心のなかで本当に正しいと思うことを選択することが大切です。そのためには、短期的なその場の状況とか、衝動に振り回されて決断を行うのではなく、本当に何がしたいのか、自分の中で何が希望なのかを毎日少しづつ意識して生きるのが大切です。

5、常に、お互いが自分の幸せより人の幸せを考える

健全な関係の中では、人は対等であり、お互いが大切な存在であるべきです。パートナーの幸せのためにあなたが努力するということで、あなた自身の幸せが犠牲になっているのであれば、その関係は少し間違っているのかも…。自分が一番居心地がいいと感じて、お互いの幸せのために努力しあえる関係がきっとあるはずですよ。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!