Facebookを利用してデートに誘う5つの方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.03.30.Wed

世界中で大旋風を巻き起こしているFacebook。友人との交流の際にはとても便利ですよね。でも、アメリカでは『Facebookを使ってデートに誘うテクニック』というものが紹介されており、Facebookを異性との出会いに使っている人もいるんですよ。

たしかに、Facebookは自分のページの写真や経歴だけでジャッジされてしまう反面、自分もFacebookのページの情報だけで相手をジャッジすることもできるので、異性との出会いの場にも使えますよね。とはいえ、Facebook上での人とのやりとりの際に気をつけなければならないこともたくさんあります。様々な人がFacebook上の個人情報を見れてしまうので、むやみに情報をさらけ出さないようにすることも大切!

その点に注意しながら、Facebookを使って異性をデートに誘う方法を見ていきましょう。

①友だち申請や友達承認をする前に、『顔や経歴で選ぶ』

見た目や経歴がイマイチな人とは、最初からつながりを持たないことが大切。明らかにタイプではない人は、申請・承認しないほうがいいかも。後で面倒なことになりかねませんよ。けど、見た目で人を選んだからと言ってバチは当たりませんが、見た目で判断することに罪悪感を持った時は、こっそり神様に懺悔してくださいね!
また、「防犯」という面から見ても、この段階でストーカー予備軍をシャットアウトすることは大切。ここの段階で嫌な人を排除しておくことで、いろんなリスクを減らせます!

②相手の情報を集めること

人によっては公開している情報が古かったり、若い頃の写真を使っている人もいるかも…。実際に会った時に困らないように、いつ投稿された情報なのか、相手がどんな人なのかを、注意して確認することが大切です。

③「いいね」をしすぎない

「しつこくすると嫌われる」の原則は、ヴァーチャルの世界でも一緒です。しつこくチャットに誘ったり、ウォールに書き込みしたり、投稿ごとに「いいね」をしたりすると、相手も引いてしまいます。あんまり、相手を困らせるようなことはしないようにしましょう。

④自分の情報を出しすぎない

「チェックイン」機能は使わないようにしましょう。自分がどこにいるのか、とか、今何をしているのかが、ターゲットの異性にバレてしまうのはあまりいいものではありません。Facebookを使ってデート相手を見つけるときは、写真を投稿したりするのも極力控えましょう。

⑤相手の友人リストを見る

相手の友人リストも確認して、相手がどんな交友関係を持っているのかを確認しましょう。相手の交友関係を知ると、ヴァーチャルだった関係も、ぐっと距離が縮まる感じがします。そして、相手がどんな人と関わっているのかも重要な判断ポイントです。

もし、気になる人がFacebookに登録していたら、これらの5つのポイントを使ってアプローチしてみてくださいね。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!