わたしたちだってちゃんとイキたい!オーガズムに達するための3つのステップとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.02.27.Mon

セックスはふたりで楽しむもの、なのに「彼ばっかりいい思いをしている!」「私はほんとうのところあまり楽しめてない!!」という不満はありませんか?
なかなか声に出して言えるトピックではありませんが、彼との性生活に不満を覚えている女性は世の中にたくさんいます。“思うようにイケない”、“そもそもどの時点がクライマックスなのかよく分からない”、そんな意見はけっして珍しくないのです。

でも、それはあなたになにか問題があるから、というわけではないようです。セックスエキスパートのパティ・テイラーさんいわく、「女性がなかなかイケないと感じるのには、れっきとした生物学的理由があります。女性の体は男性に比べてずっと複雑なのです。どんな刺激がクライマックスにつながるのか、人それぞれで万人に当てはまる公式などありません。
さらに、精神的なことも大きく影響します。一般的にいって男性と違い女性は、物理的な刺激だけでクライマックスに達することはできません。精神的な感情が体験を大きく左右するのです」とのこと。

しかし女性だってオーガズムを楽しみたいし、不可能なことではないはず。パティさんのすすめるヒントを参考に、あなたもそんな不満から開放されてみませんか?

ステップ1:まずは己を知る。

繰り返しになりますが、女性の体はとても複雑繊細にできていて、快感を感じる場所、刺激への反応度も各人さまざまです。ですから、あなた自身が自分の体でもっとも感じやすい場所、その刺激を知る必要があります。
まず、ストレスから完全に解放された自分ひとりの時間をつくって、ムード作りから。部屋を暗くし、キャンドルのほのぐらい明かりをつけた状態で、ベッドあるいはお風呂で自分の敏感な部分をタッチしてみて。
いろいろ試すうちに自分が快いと感じるスポットと刺激の仕方が自然と分かるようになってきます。

ステップ2:自分がして欲しいことを相手に伝える。

自分の“ツボ”を知ったら、次はこれを彼にちゃんと伝えましょう。前戯のあいだ、自分が気持ちよくなる様子を彼にしっかりデモンストレーションしてみて。それから、彼にもマネするよう導いてあげます。
いよいよ、挿入という時がきたら、騎乗位になってあなたが主導権をとりやすい体位を取るようにすると、自分のして欲しいことを相手にも伝えやすくなります。

ステップ3:新しい刺激を貪欲に求めて、パートナーと分かち合う。

自分が“イケる“コツがある程度分かるようになると、あとはあなた自身もぐっとリラックスした気分で臨めるようになります。そうすればもっと簡単に、そして頻繁にクライマックスを迎えられるようになるでしょう。
慣れてきたら、ちょっと違う動き、刺激にも貪欲にトライし、自分の境界線をどんどん広げていってみてください。

,P>女子がこの手のことで、もっとも犯しやすいミスは、イッているフリをしてしまうこと。ほんとうは感じていないのに、フリをしていると彼としてはそれを変えようとはしなくなるでしょう。また、彼のやり方は、元カノにあったやり方であってあなたには合わないやり方かもしれません。
それなのに、付き合った初期の段階でフリをしてしまうとあとで修正するのも大変です。彼のやり方を否定するのではなく、”こうしてくれると私はもっとうれしいの“とあくまでポジティブに、彼への愛情と親しみを失わないでコミュニケーションすることがカギです。

ライター:Waxy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。