ハッピーな結婚生活には、相手への尊敬と愛情のバランスが大切です!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.08.07.Sun

夫婦で協力して築きあげてゆくべき結婚生活。でも、男女では、結婚における愛情と尊敬について違った見方をしているようです。
長い結婚生活のなかで、ケンカや口論は避けがたいものですが、どちらも心の底では、相手から自分が重要な存在であると認められたいと願っています。ただし、表面に表れてくる態度や感情は必ずしも同じではありません。

妻が求めているのは、夫が妻の意見や意思を尊重しているという確かな証。夫が自分のことを考え、思いやっていることを態度で表すと、妻は自分が愛されていることを実感します。

一方、夫が妻に求めているのは、”誇り”といえます。妻が夫のことを誇らしく思い、家族を養う努力を高く評価してくれることで、自分の価値を確認する生きものなのです。

こうした相手に対する期待感の微妙な違いが、なにか問題がおこったときに、その傷口を深くしてしまっている可能性があります。夫は、妻に愛情表現を毎日必ずしていますか?また、妻のほうは、夫の仕事での頑張りぶりや男らしい部分を称賛し、尊敬しているでしょうか?

夫婦間でよくあるのが、夫は妻の精神的ニーズをうまく満たせないでいること。
経済的に養っているのだからという気持ちが大きくなり、ついつい愛情表現を疎かにしがちです。
また、妻のほうも夫が毎日一生懸命外で働き、家庭を守っていることを当然のように考え、夫が家ではなにもしないことばかりが目にはいり、批判的な態度になってしまうことです。
どんなカップルでも、自分や相手がこうした態度であったことが、多少なりともあるはずです。

結婚に限らず、カップルとしての生活は常に相手との協調作業ですから、”チームワーク”として取り組もうという気持ちを忘れてはなりません。ささいなことでも相手に”ありがとう”と一言添えたり、お互いに妥協し合うことを学びあってゆく必要があります。
外国の人はよく”I LOVE YOU(愛してる)”とパートナーに言いますが、もしそれがちょっと恥ずかしいなら、自分の気持ちを一言メモに書いて、相手に渡したりしてもよいでしょう。もちろん、コミュニケーションとしての会話も重要です。自分の話ばかりせず、相手の話もよく聞こうとする姿勢を忘れないでください。

相手への愛情と尊敬、このふたつはどんな恋愛、夫婦関係にとっても基本となる要素です。この2つのバランスがちゃんととれているか、たまにはセルフチェックしてみましょう。

参考記事:The Difference Between Respect and Love in a Marriage

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!