気になる男子と行ってほしい!?「アートデート」のススメ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.06.14.Tue

普段アートを観に行っていますか?
「イエス」と答えた方へさらに質問です。美術館、博物館をはじめとする、その「アート」を鑑賞する場所へは誰と足を運んでいますか?

特にフリーの方!
アートな場へは、同性の友達と行くのを減らしてみましょう。むしろ異性の友達や気になる相手を誘って行くことをオススメします。

今回は「アートデート」がどうして良いのか、紐解いていきます。

まず誰と行くか

アート鑑賞の場所では、カップルを多く見かけます。その次にたくさん見かけるのは、同性同士でのペア。確かに同性と行く方が楽かも知れませんが、ここはカップルでなくても異性と行く機会を設けましょう。

たとえばこのような場合に有効活用できます。

1、合コンで出会った相手と、次回は2人で遊ぼうというとき
2、ちょっと気になる相手を誘いたいとき
3、男友達と遊ぶついで


1,については、合コンの後個別に遊ぶということなので、それなりにお互い趣味が合ったり、相手に興味を持っていたりするわけです。2回目に会うときは「感性」が合うかどうか、チェックしてみましょう。その「感性チェック」がアートデートでできるというわけです。


2,については、「こちら側から誘い出したい」という気持ちがあるわけです。一般的に、アートを観るのは昼間です。「夜、飲みに行かない?」と誘うよりも、昼の方がライトな誘いとなります。しかもすこし知的な感じのするアートデートだと、がつがつさを感じられることもありません。


3,については、1や2にも共通することですが、単に「男性側の視点」を共有してもらうことで、女性側の自分に“新しい思考や物の見方”を吹き込めるため。


「男性脳」と「女性脳」とでは仕組みがまったく異なっています。たとえば同じ作品を観ていても「そこに注目するのか」、「そんなことを連想するのか」と驚くほど、視点の置き方が違っています。問題解決の好きな男性、問題について話すことが好きな女性、の特徴が現れることも多々あります。
参考:男性脳と女性脳の違い

アートデートの流れ

いざ何か観に行こうというアートデートが実現した場合、特に予定を綿密に決めていなくても自然の流れで、大体このようなスケジュールとなるでしょう(実体験済)。

アート鑑賞→お茶→ごはん(アート鑑賞とお茶は逆になることも)

静かめな場所でアートを観た後は、それまでお喋りを控えめにしている分、感想などを共有したいというきもちになっているもの。

「個人で鑑賞をしている」に近い映画デートなどと違い、アートデートでは鑑賞中に多少話をすることができる点で「2人で観ている感」が強いです。それを活かさない手はありません。

時間的にも「じゃあ、ごはん行って帰ろうかー」という話に大抵なります。本命くんと遊ぶ場合、その流れをナチュラルに持ってくるために、デートの時間を午後から設定することにご注意を。午前から会った場合、アート鑑賞とお茶またはランチで終わるすこし物寂しいことになる可能性も。

ナイスなアートスポット

面白い展覧会を開催している、都内のナイスなアートスポットをいくつかご紹介します。午後からのデートで行ってみてはいかが!?
東京都写真美術館@恵比寿
東京都庭園美術館@目黒
国立新美術館@六本木
東京国立近代美術館
筆者:sonoko0511

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!