結婚前の貴方へ!困った彼ママへの対処法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.05.11.Wed

嫁姑の確執なんて日本ならではのもの、なんて考えていたら大間違い!”ウチの嫁”というような感覚はないかもしれませんが、欧米でも、姑および彼ママとの確執に悩む女性はとても多いのです。アメリカの調査では、パートナー(夫、彼氏)の母親との関係があまりいいものではないと答えた女性の割合は、6割にも達しました。これとは反対に、妻や彼女の母親との関係を否定的にとらえている男性は15%程度ということを考えると、この差は無視できるものではありません。


万国に共通することですが、息子を新しい女性(つまり妻や彼女)に奪われたと感じる母親は、その相手に対して、批判的になったり、いろいろ口出ししてきたり、不快な行動をとったりするものです。このような彼ママの問題行動に悩まされないためにも、うまい対処法を用意しておく必要があります。

彼ママの言いなりになってはいけない

とりわけ日本の女性にいえることですが、多くの女性はなんとか彼ママの理不尽な要求に応えようと、精一杯の努力をするという失敗を犯しています。こうした態度を取っていると、彼ママは、なんでも言いなりになると思い、ますます助長するばかりです。こうなると、将来あなたはもっと難しい立場に立たされることになります。彼ママに対しては丁寧な態度を保ちながらも、許容できる範囲とそうでないものの境界線をはっきりした態度で示しましょう。

彼ママにアドバイスを求める

彼ママとの確執の原因の一つは、彼ママがもはや自分は(息子にとって)必要とされていないということにパニック反応を起こしているからだともいえます。彼が新しい人生のパートナーと生活をしているからといって、ママの役割が完全に無くなった訳ではないということを示すために、ときおり彼ママにアドバイスを求めてみるのは賢い方法です。彼ママは母親としての自分の存在意義を確認したいと思っているので、あなたからアドバイスを求められることは嬉しいことなのです。ただし、これもあくまで時おりにとどめて。あまり、頻繁すぎると、彼ママの過干渉がはじまります。

彼の協力も欠かせない

彼ママとの問題で、もっとも重要なのは彼の態度です。彼ママが阻害感を抱かないよう、彼がこまめに連絡を取ったり、会いに行ったりすれば、彼ママもかなりリラックスするはずです。
また、彼ママのほうも、息子があなたと一緒で幸せに暮らしていると知れば、あなたを尊重するようになるでしょう。あなたが彼ママと一緒にショッピングに行ったり、お茶をする、なんてことはなくても、少なくとも友好的な関係が築けていれば問題はないのです。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!