仕事より家庭と愛情?ゆれる現代オーストラリア女性たち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2010.12.15.Wed

初の女性首相が誕生するなど、女性の社会進出が著しいオーストラリア社会のようにみえますが、果たして実態はどうなのでしょうか。ある雑誌が行ったアンケートでは予想を裏切るような結果が示されました。統計から浮き彫りになる現代オーストラリア女性とはどのようなものなのでしょうか。

仕事より恋愛・家庭を優先させると回答した女性はなんと82%にものぼり、現代女性は仕事と家庭を完璧に両立するよう様々な社会的プレッシャーを受けていると考えていることが明らかになりました。
肩肘張って社会でキャリアを積むことが自己実現につながると考えていた前の世代より、精神的な満足感も大切にし、バランスのとれた人生を送りたいと考えている女性が大半のようです。しかし現実はなかなか厳しく、子育てと仕事の両立が難しいのはオーストラリアも日本も同じ。子育て中の女性5人に4人は、ワーキングマザーと専業主婦との間に“静かな戦い”が存在すると考えているという穏やかならざる数字も出てきました。これには編集長も「非常に残念なことだと思います、私たち女性は反目し合うのではなく、助け合わなくては」とコメントを出していました。

面白いのは、「理想のオーストラリア女性は誰だと思いますか?」という質問で、およそ4割の女性がケイト・ブランシェットと回答。オーストラリア女優といえば、まっさきにニコール・キッドマンが浮かびそうなものですが、彼女を支持したのは約1割のみ。明暗がくっきり分かれました。ケイト・ブランシェットといえば、映画女優として活躍するだけでなく、夫と共に舞台演劇にも極めて精力的に活動しています。それだけでなく、3人の男の子を立派に育てている姿は、まさに現代女性のお手本といえるのでしょう。ひるがえってニコール・キッドマンといえば、徹底したセレブ生活ぶりに加え、ボトックスなど外見に固執する様子が同性からの支持を遠ざけたといえます。

また意外なのは、自分の体型に満足している女性はわずか12%という結果。オーストラリアはアメリカを凌ぐほどの肥満大国といわれているだけに、ダイエット熱も一通りではありません。

アンケート結果から浮き彫りになるオーストラリア女性たちの姿。私たち日本人女性と変わらない部分も多くあるのではないでしょうか。ライフスタイルは違っているように見えても、女心は一緒。やりがいのある仕事や自分を愛してくれる家族やパートナーの存在。現代女性はストレスを抱えながらも、こうして日々戦っているのです。

photo by friker fofurasfelinas

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!