吉原花魁流!?遊女が男を虜にする『モテ技術』を学んでみよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.02.21.Tue

男が通う極楽道、娘が売られる地獄道・・・ 名取裕子主演の映画「吉原炎上」の有名な冒頭ナレーションです。
吉原遊郭で年季が明けるまで過酷な労働条件の中働いていた女性達。どんな状況でも美しさをキープし男性を虜にしてきた遊女達も煌びやかな舞台の裏では様々な努力をしていました。
その努力や工夫は現代女性にも通じるものがあったり なかったり・・・遊女のモテ技術を学んでみました。

遊女たちは嗅覚が男性の本能を刺激ことを知っていた

日本には日本のアロマテラピー「香道」の歴史があります。香りを楽しむ歴史は古くからありますが、遊女たちは男性を虜にする為に香りを賢く使って自分を演出していたそうです。
遊女のお部屋には「香箱」というものがあり、着物や腹巻に香りを薫きしめたり、お風呂に香料を入れて入浴し身体に香りを染み込ませたりしていたそうです。
また、膣には香り袋を仕込んでいたという驚愕の事実!今考えると、なんて危険な事をしているのだ!と驚いてしまいますが遊女たちにとって香りは美しさをアピールする大切な道具でもあったということがよく分かります。

当時をイメージできる香り

▽ 丁子(クローブ)
▽ 白檀(サンダルウッド)
▽ 甘松香(スパイクナード)

この香りは「伽羅の香り」と言われ、お相撲さんの鬢付け油の香りとしても有名です。とっても良い香りなのでお相撲さんを見つけたら怪しまれない程度にさりげなくクンクンしてみて下さいね。

遊女の膣トレグッズ

感度の良い身体になりたい女性には必須アイテムの膣トレグッズですが、その歴史は古く1日5人程度の相手をしなければならなかった新人遊女も膣トレには努力していたそうで、ひょうたん型の玉を膣に挿入し骨盤低筋を鍛えていたそうです。
男性意見としては「特に締りの良さに大差は感じない」「気にならない」「徐々に相性が合ってくる」という意見も多く耳にしますのであまり気にしなくても良い所かもしれませんが骨盤低筋を鍛えることは感度の良い体作り以外にも排尿トラブルの改善にも役立ちますので、衰えを感じている方はチャレンジしてみると良いかもしれません。

遊女のアソコは無毛地帯

遊女は性器のお手入れも抜かりなくされていたそうで、当時の遊女達はアンダーヘアをお線香で焼き切ったり、毛抜きで1本1本抜いていたそうですが、現代女性もブラジリアンワックス(アンダーヘアの脱毛)という方法で全脱からハートや三角などデザイン性のある脱毛までキレイにお手入れする方も多くいらっしゃいます。
アンダーヘアはパートナーにだけ見せる場所ですので2人だけの秘密として楽しむのも良いかもしれませんね。

ライター:RISACO
アロマセラピスト/スラヴィックマッサージプラクティショナー 神楽坂と練馬を拠点に活動するアロマヒーリングSOLEIL主宰

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!