厳しいけどここが肝心!恋に終止符を打つタイミングを見極める!!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.03.25.Sun

恋愛関係にも終わりが見えてきた場合、その未練をどうしても断ち切れない人も多いのでは?
彼の気持ちが離れてしまっているのが第三者としてみれば明らかなのに、わずかな希望にすがって“彼の気持ちが私にもどってくるかもしれない”と待ち続ける彼女たち。。

でも、ずるずると気持ちを引き伸ばさないで、ばっさり終止符を打つ必要があります。まず、恋愛関係でどちらか一方の感情が冷めてしまったら、これはもうどうあがいても関係維持が不可能、ということです。

“ふたりの関係がお互いにとってうまくいっているときは、けっして別れにはならない。どちらか一方がその関係に満足できず、関係維持する情熱を失ったとき別れは訪れます。このプロセスは、相手がまったく気づかない間に始まっていることも多いのです”(恋愛指南本著者:グレッグ・ベーレント)

なかなか含蓄のある言葉ですが、彼女たちが突然の別れを心理的に受け入れられないのは、相手が気持ちを失った兆候をうまくキャッチできていないからかもしれません。だから、別れがまさに青天の霹靂で、“そんなはずない、彼はきっとわたしのところにもどってくる”と現実を否定しようとするのでしょう。

では、こうした兆候とは、具体的にはどんなことでしょうか?
・相手の希望やニーズに、気づくことがなくなった
・相手の性格や妙なクセを受け入れることが、無関心へと変わった
・会話のなかに、皮肉や軽蔑的な気持ちが微妙に入るようになった
・日常的な愛情表現(手を握ったり、かるくハグをしたりすることなど)が無くなった
・なにか問題やトラブルが生じたときに、相手に妥協する気持ちが失せた

こうした兆候があって、彼が別れたいというのなら、あなたもいつまでもその恋にしがみつこうとせず、関係を終わらせたほうが賢明では?すでに心があなたにない人に執着するより、新しい恋に向かってみましょう。

心理学者のアンマリー・R. ウェンツェルさんはこうアドバイスしています。
“たとえ彼から別れを切りだされても、それは必ずしもあなたのせいとは限りません。ただ、彼の人生の今の時点で望ましい相手ではなかった、だけのことです。今の若い人たちは、恋愛の展開がはやく、”彼こそ自分にとってベストな彼だ“と即座に結論付けてしまいがち。だから、余計落ち込みも激しくなります、もっとゆっくり、自分のニーズ、相手の人間性を見極めてスローペースで恋愛をしてもよいのではないでしょうか”

とにかく、自分から去っていった彼のことをいつまでもクヨクヨ思い続けていては、せっかくの時間が無駄!良くも悪くも“いい経験になった”と割りきって前へ進むのがベストです。

ライター:Waxy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。