遠距離恋愛ってそんなに悪くないかも?ポジティブに考えればいいこともいっぱい!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.01.05.Thu

“遠距離恋愛”ときいて、まず思い浮かべるのは、“大変だろうな”とか、“いつまで続くんだろう”という不安ではないでしょうか?
大好きな彼になかなか会えない、相手が自分のいないところでどんな行動しているのか分からない、そうしたことに不安になる気持ちは分かります。でも、障害の多そうな遠距離恋愛も、見方を変えてみるとけっこういい面もあるようです。

遠距離が避けられないのなら、悲観するより、これをもっとポジティブにとらえてみてはどうでしょう?考え方ひとつで、また今までとは違う恋愛観になるかもしれませんよ。


遠距離だってそんなに悪くない、意外なメリット

▽ いつも彼と次に会える日を楽しみにできる。マンネリな毎日を過ごすのではなく、なにかを期待しながら待てるって、とても素敵なことです。

▽ “自分時間”をたくさん確保できる。外見、内面の自分磨きに時間を費やし、ますますいい女になれる。

▽ 自然と女友だちと過ごす時間が長くなり、愚痴や女子会で盛り上げれるので、恋愛依存症になりにくい。

▽ 彼とずっと一緒にいられるとしたら? ムダ毛処理など細部の女子メンテナンスにも手が抜けなくて、大変。遠距離なら、会うまでに十分時間をかけて準備できます。

▽ 一緒にいる時間が少なければ、必然的にケンカも少なくなります。会える時間が少ない分、お互いのことをもっと尊重しあって、やさしくなれるのも遠距離ならではのメリットかもしれません。

▽ 日常生活に彼がいない分、仕事に集中できて、オンとオフのメリハリがつけやすくなる。

▽ 頻繁にデートしない分、細かい出費が減って貯金に回せる、あるいは、彼との特別なデートにもっとお金をかけられる。

遠距離恋愛をうまく続けるには、まずふたりの間で基本的なルールを決めておくこと(例、どれくらいの頻度で連絡を取り合うのか、これだけは相手にして欲しくないという境界線など)。そして、過剰な連絡をとることは避け、相手を信頼することが大切。
見方によっては、遠距離恋愛とは、彼氏を確保しつつ、自分磨きにも専念できる、女としては悪くない状況なのです。遠距離だからといって、なにもかも悲観的にならず、精一杯その状況を楽しめるくらいでいましょう。

ライター:Waxy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。