これが現実!男性の結婚相手選びはけっこう妥協の面が強い??

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.03.12.Mon

運命の人と結婚して幸せな生活を送りたい、と思うのは女子として不思議なことではありません。でも、よく“結婚と恋愛は別”とも言われます。“相手のことが大好き”というまっすぐな気持ちだけでは、幸せな結婚には結びつかないのでしょうか?
たしかに、結婚生活には、恋愛時代にはあまり重視されなかった素質が大切になってきます。家事能力、経済力、相手との家族との関係、などなど。あなたの彼に、そういった素質に欠けるとしたら、どうしますか?それでも彼とやっていきたいと思う?それとも、他の相手を探して妥協してみる??

では、男性たちはこれについて、どう考えているのでしょう。アメリカのオンラインデートサイト『マッチ・ドットコム』が5000人の対象者に行ったアンケートでは、なかなか興味深い結果がでました。

“結婚相手として相応しい素質をすべて備えているが、恋愛相手としては魅力に欠ける人”との結婚を真剣に考えてみてもいい
男性 31%
女性 23%

さらに、“性的に魅力を感じない相手でも結婚を申し込むかもしれない”と回答した男性は、21%にもなりました。

こうした結果をみてみると、男性はよくいえば“柔軟に”、悪くいえば“妥協的に”結婚相手を選ぶ傾向があるようです。でも、生涯たったひとりの運命の人と、なんてロマンティックな考えで結婚相手を選ぶより、“生涯をともにするパートナー”として現実的に相手のことを観察するという視点はけっこう大切なのかもしれません。

こうした心理の背景を、医療コンサルタントのトム・ファントさんは「一生独身で終わるかもしれない、という孤独感はかなり強烈なもので、それに耐えられないと感じている男性はじつは多いのです。ほとんどの男性はこうした不安を感じていないように振舞っていますが、それでも内心はなかなか穏やかでいられません」と分析しています。

また、女性側からこうした傾向を考える意見もあります。“女性の社会進出がすすみ、シングルマザーでも子どもを育てられる女性が多くなった。女性のほうがひとりでいることへの耐性もずっとある”というのです。
強がりだけどさみしがり屋の男性たち、“ひとり”を恐れない女性たち。結婚をめぐる男女の思惑はどこでも、なかなか複雑に絡み合っているようです。

ライター:Waxy

参考記事:Are you Mrs Just-good-enough? How almost a third of men admit they would marry a woman they were NOT in love with

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。