セックスする気が失せる7つの習慣

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.02.25.Fri


パートナーがいるのにセックスレス、なんてことも決して珍しくない世の中ですが、カップルとしてはやはりコミュニケーションのひとつとして、性生活もけっして無視できるものではありません。
ひょっとして日常の小さな習慣がレスの原因、なんてことはないでしょうか。セックスセラピストなどの専門家があげているセックスする意欲を失う習慣の数々についてご紹介します。

1 セックスのマンネリ化

恋愛関係が長期化するにつれて、セックスがある程度マンネリ化するのは仕方のないことだといわれています。セックスを楽しめる賞味期限はおよそ3年、それを経過すると新鮮味がなくなってしまうように感じるのはきわめて普通のことなのです。
これを克服するには、もっとセックスを楽しもう、という気持ちをもつこと。アダルト映画やグッズ、ベッド以外の場所、など新しい試みに積極的にチャレンジしてみることです。

2 週末の朝寝を楽しんでいる

平日は忙しいからといって、週末にまとめて睡眠をとろうとしていませんか。しかし、専門家によるとこうした習慣はかえって体のリズムを乱し、よけいすっきりしない気分になるといいます。
そうなると、セックスに関心が持てなくなるのも当然のこと。規則正しい生活を送るほうが、セックスライフのためにも良いといえます。

3 ネット依存症である

テクノロジーのおかげで、今やいつでも友達や家族、世界中の人とコンタクトがとれるようになりました。しかし、残念ながら、それだけ恋人やパートナーと過ごす時間の密度が薄くなったということもできます。
ある統計では、現代人の86%が寝室にアイフォンやノートパソコンを持ち込んでいるともいわれています。これでは、セックスに集中できるはずがありません。パートナーとのより良いセックスのために、インターネットやパソコンは禁物です。

4 お酒の飲み過ぎ

少量のお酒ならかまいませんが、それ以上になるとセックスには悪影響をもたらします。
女性の場合、血中アルコール濃度が上がるほど、達するのに時間がかかり、イキにくくなる、ともいわれます。お酒の飲み過ぎには気をつけましょう。

5 運動する習慣がない

ダイエット、生活習慣病の予防、ストレス解消、これら全てに効果的なのが運動、そして、セックスライフにも運動はとても良いことなのです。
運動することにより、心臓血管機能を高めることができます。なかでも重量トレーニングは、男女ともに性欲を増進させるというテストステロンを上げるのに最適な運動といえます。

6 パートナーといつも一緒にいる

恋人やパートナーと片時も離れずいたい、と思うのはカップルにとって健全な関係とはいえません。
四六時中いつもいっしょにいることはかえって、性欲減退の元ともなります。同性の友達を出かけるなど、パートナーと離れて過ごす時間ももつようにしましょう。離れている時間が愛を育てる、というのはある意味本当のことです。

7 女性向け映画の見すぎ

ロマンティックな映画やロマンスコメディを楽しむのは大いに結構ですが、あまりその世界に夢中になり過ぎになるのも問題です。
映画はあくまでフィクションであって、現実の恋愛とはかけ離れています。もちろん、セックスシーンだってあくまで架空のもの。映画を見すぎて、過大な期待を抱かないよう、注意してください。

あわせて読みたい

参考記事:7 Habits That Will Kill Your Sex Drive

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!