彼に『上手に』お願いして、思い通りの効果を引き出す方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.04.23.Sat

彼氏との恋愛が順調にいっているようでも、”もうすこし、こういうふうにしてくれたらいいのに”って思ったりすることはありませんか?でも、自分の要求を上手に話さないと、彼からうざいと思われたり、敬遠されてしまいます。
そうならないように、相手を上手にコントロールしつつ、自分の要求を通すのが、賢い女性のやり方です。今回は、そんなおねだり方法をシチュエーション別にご紹介してゆきましょう。

もし、彼と同棲したいと思っているのなら。。。

交際しているとはいえ、一緒に住むとなると、男性側としてはちょっと勇気のいる決断になります。独り身の自由な生活に束縛が生じ、部屋に女物(生理用品など)が存在する、と考えるだけで気後れを感じてしまう男性もなかにはいるようです。
そんな時は、”そろそろ賃貸の契約更新時期なんだけど、どうしようかな?”と軽くふってみて、相手の様子を探ってみましょう。こちらがあまり必死な様子を見せると相手も逃げます。
賃貸の更新、通勤の便、親と同居の人は家族との関係、などをほのめかしながら、アプローチしてみるのがよいでしょう。

もし、彼と婚約したいと思っているのなら。。。

交際も順調に進み、そろそろ結婚を視野に考え始めているなら、彼の気持ちを確かめる必要があります。あまり長すぎる春はよくない、といいますが、たいてい6ヶ月から12カ月ちかく付き合っていれば、結婚の話がでてもおかしくありません。(もちろん、相手がはっきりと独身主義を明示しているなら話は別です。)
まずは、あまりシリアスにならず、カジュアルに結婚について話題にしてみましょう。あまり真剣に思い詰めて話を切り出すと、相手も逃げます。また、相手が明らかにこの話題についていい顔をしないのなら、これもあまりいい兆候とはいえません。
パートナーとはどんなことでも率直に話し合える関係でいることが望ましいのですから。もし、彼からはっきりした意思表示がでてこなかったら、来年、あるいは再来年にふたりの旅行を計画してみましょう。前金も払ってしまうなど、段取りよくすすめ、彼の反応をみてください、きっとなにかしらのヒントが表れるはずです。

もし、彼と一緒に物件を買いたいと思っているのなら。。。

住宅の内覧やイケアショップへのデートは、カップルとして楽しいアクティビティですが、一緒に物件を購入するとなると大きな決断となります。あくまで目安ですが、少なくとも3年以上は一緒に付き合っていて、お互いの生活や経済事情をよく理解しているカップルでないと、こうした大きな決断はおすすめできません。お金の絡むことですから、彼にストレートに話をしてみて、誤解のないようよく話し合ってから決めるべきです。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!