別れぎわに実践! 「もう1度会いたい!」と思わせる心理学テクニック

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2016.01.09.Sat

初めてのデートで彼と親しくなったはずなのに連絡がない。合コンで知り合った彼、あれからどうしているかな……? なぜか2回目に発展しないと悩んでいる皆さま、今回はデートの別れ際に実践できる「もう1度会いたい」と思わせる心理学テクニックをご紹介します!

2回目以降につながるかは、別れぎわの印象次第!

1回目のデートは良い感じだったのに、そのあとのお誘いがない。次のデートにつながるかどうか、実は別れぎわが勝負です。良い印象を残してデートを終わらせれば、必ず次がある。もしお誘いがないのなら、別れぎわの行動に問題があるかもしれません!

デートは中身より別れぎわが大事って本当!?

人は新しい情報をどんどん記憶していくもの。情報がインプットされると、それ以前の記憶は薄れて思い出しにくくなるという性質を持っています。デートの別れぎわは、次に会うときまで「あなたの最新情報」として相手にしっかりインプットされています。そこで好印象を与えられるかどうかが勝負なのです。

当たり前の「ありがとう」は絶対忘れずに

別れぎわに好印象を残すためには、当たり前のようですが「今日はとっても楽しかった! ありがとう」とか「また会おうね」と言った言葉が大切。感謝の気持ちや素直に会いたいという気持ちをひとこと口にするだけでいいのです。
簡単なことですが、実際には恥ずかしくて「じゃあ、またね~」だけでバイバイしてしまうもの。ひとこと「楽しかった」と伝えるだけで「もう1度会いたい女性」になれます。

相手の顔を振り返ってみることも重要

自分からバイバイと立ち去るよりも、相手を見送る方が印象強く残るものです。とはいえ、女性は見送られる側になることのほうが多いですよね。じゃあまたねと去るとき、たいてい相手はあなたが見えなくなるまで見ています。見えなくなる前に、もう1度振り返って「バイバイ」とにっこりする。そんな名残惜しそうな態度をとっておくのも効果的だといわれています。

別れたあと、ひとことフォローして印象アップ

別れたあと、相手が帰宅した頃を見計らってメールや電話でひとこと連絡するのも一案です。「今日は本当にありがとう。また会えたらうれしいな」など素直に気持ちを伝えれば、次のデートにつながりやすくなります。あまりしつこいと効果がダウンしてしまうので、軽くLINEでお礼を伝える程度でOKです。

まとめ

2回目以降のデートにつながるかどうかは、別れぎわの対応次第! にっこり笑顔で印象をアップして、また会いたいと思い出させる女性になりたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net