ホンモノの恋なら大丈夫なはず!!あなたは彼のまえで素直な自分を出せていますか?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.04.15.Sun

あなたは彼の前で素の自分を100パーセント出しきれていると断言できますか?
付き合い始め当初は、カッコ悪いところは見せたくないと思っていても、共に過ごす時間が増えてくればいつもいい女ばかりではいられません。お互いに素直に自分の姿を出せてこそ、ホンモノの恋というもの。
ここでは、私たちが恋愛相手に対して隠しがちな“本性”をまとめてみました。これらの一見ネガティブな部分をあなたは彼にストレートに表現できるようであれば、ふたりの関係はまずは安泰!

(彼・他人に対する)怒りを表現できる

いつも明るく笑顔を絶やさない、怒った表情なんて皆無、そんな女でいませんか。
これは美点のようにみえますが、恋愛相手としては退屈なだけ。生きてる人間として喜怒哀楽の感情があるのは当然のこと、怒りの感情も出せる女性の方が“いつも笑顔ばかり”の女よりもずっと人間的です。怒りをあらわにするあなたを、より魅力的だと思ってくれる男性、そんな人を彼氏にしたいものです。

涙を素直にながせる

女性は男性に比べ、感情的な生きものです、そして男は女の涙によわい。。。彼を困惑させないためにも、あえて涙もろい部分を封印したりしていませんか。でも、そんな強がりは無用。男性にとって、自分の恋人がそんな姿をみせるのはけっこう嬉しいものらしいのです。
“自分だけにそんな弱い部分をみせてくれる”、そんなことが男のプライドを刺激するそう。だから、彼の前では素直に涙をながせる女でいましょう。

スッピン、ボサボサ髪の姿をさらす

恋人や夫の前で、絶対にスッピンになれない、なんて女性もいますが、そんなこといったっていつまで続くでしょうか?
女性はとりわけルックスに対して過剰な自意識を抱きがちですが、男性は私たちが思っているほど深く考えてはいません。自宅で、ベッドで寛いでいるときぐらい、ありのままの姿をみせたって全然OK、むしろ飾らない姿がすてきだという男性は多いものです。

今までタブー、って思ってたことが意外と大丈夫だったりしませんか?
思い込みで“いい女”を自己演出するより、もっと素な自分をだしたほうが精神的にもいいはず、ふたりの関係も長続きしやすいものです。

ライター:Waxy

参考記事:7 Things You Should Be Comfortable Doing In Front Of Your Man

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。