知っておくといつか役に立つ(かもしれない?)恋愛シーンで使われる英語表現について

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.07.31.Sun

英語を学校で一生懸命勉強しても、英会話学校に通ってもなかなか習うことがないのが、恋愛シーンで使われる表現。でも、テレビや映画を鑑賞するだけでなく、実際に恋人と英語でコミュニケーションすることになったとき、知っておくと、なるほど!と思う表現がけっこうあります。そんな教科書にはあまりのっていない、恋愛や結婚に関する英語表現をいろいろご紹介しましょう。

boomerang relathionship (ブーメランリレーションシップ) 意味:復活愛

relathionshipとは、対人関係、国際関係だけでなく、恋愛関係そのものを意味します。ブーメランとはご存知のように、投げても戻ってくるオーストラリア、アボリジニーの使う用具。

そこから転じて、投げても(別れても)、また戻ってくる(ヨリを戻す)恋愛関係という意味になります。ほかにも、同じようなニュアンスでon and off(オンアンドオフ)ということもあります。ずばり、“ついたり、はなれたり”という感じです。

trophy wife(トロフィーワイフ) 意味:地位と名声を手に入れた男と結婚するグラマスな外見の妻

地位や名声、あるいは巨額の財産をもっている男性が成功のシンボルとして手に入れようとするのが、トロフィーワイフ。たいていは、あまり見てくれのよくない(ただし、お金はごまんともっている)40代、50代の男性と、モデルのようなルックスの美女(ブロンド)という組み合わせです。

今年6月に挙式ドタキャンで世間に騒がれた『プレイボーイ』創業者ヒュー・へフナー氏(85)と元婚約者クリスタル・ハリス(25)のカップル、60歳という年齢差でしたが、“ヒュー・へフナーはトロフィーワイフを得られなかった”というふうに評されていました。

Mr. Right (ミスターライト) 意味:“運命の人”

Right には、“正しい”、“あるべき”という意味があり、ミスターをつけて、ずばり“あなたにとってぴったりの人”つまり運命の人ということになります。

別の表現としては、The Oneというものもあります。The Oneは、この世でたった一人の自分にとってふさわしい相手、というニュアンスで、これも“運命の人”といってよいかもしれません。

ただし、完璧なMr. Rightを求めるなんて不可能にちかい!というあきらめに似た思いを抱く女性が多いのも現実。そんな人は、Mr. Good Enough(ミスターグッドイナーフ)でもいいんじゃやない?という声もあります。Mr. Good Enoughとは、パーフェクトではないけど不足はないんじゃないのというニュアンス。『Marry Him: The Case For Settling For Mr. Good Enough』(仮題:彼と結婚したら?。Mr. Good Enoughで満足するためのケース)という本が話題となったくらいです。

あわせて読みたい

参考記事:Settling For Mr Good Enough

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!