アメリカのカリスマエディターによる最強の恋愛アドバイス

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.11.21.Mon

自分の恋愛がうまくいかないとき、だれか頼りになる人からアドバイスをもらいたくなるものです。アメリカでそんな恋愛相談カリスマとされているのが、女性誌『コスモポリタン』の編集者として30年以上第一線で活躍してきたヘレン・ガーリー・ブラウン女史。
キャリアウーマンとしての知性と、豊富な恋愛相談の経験からうまれた彼女の著作『Sex & the Single Girl,』は1960年代の本ながら、いまだに恋に悩める乙女たちから支持をあつめています。この本のなかから、現代にも通じる恋愛アドバイスを厳選して、ご紹介しましょう。

『Sex & the Single Girl』から厳選!
素敵な恋をするためのラブレッスン!!

レッスン1

素敵な一人暮らしの家に住みなさい。

住む場所には、その人となりがあらわれます。今現在、特定の彼がいないからといって、女を捨ててしまっているような暮らしはしないで。家の中は常に清潔にととのえ、いつ男が訪れても恥ずかしくないようにしておきましょう。

レッスン2

勝負服は、黒のスタイリッシュなワンピースドレスで決める。

あなたの女としての魅力を最大限に引き出すのは、なんといってもシンプルかつスタイリッシュな黒のワンピースドレス。着るだけで、セクシーな気分になり、女としての自信がわく、そんな勝負服を1着もっているか、どうかに、あなたの価値が現れます。

レッスン3

どこでも、どんなシチュエーションも“出会いの場”にしてしまう。

恋のはじまりを予期していない女子には、ほんとうの恋愛のチャンスも訪れにくいもの。
電車の中、飛行機の席で隣り合わせになる、ジムのロビー、あらゆるところにほんとうは恋愛のチャンスが転がっているものなのです。あなたが、そういった恋を予期するメンタリティや態度をそなえていると、自然とチャンスも訪れます。

レッスン4

人生でリスクをとることを恐れない。

独身のときは、自分で自由になる時間が既婚者よりもはるかにたくさんあります、その時間を最大限に活用しないなんてもったいない!!
はたからみたら、ちょっと危ないリスクや冒険にも、あえてチャレンジしてみましょう。そうした経験が、あなたをよりタフで強い人間にしてくれるのですから。

レッスン5

ひとつのタイプにこだわらないで、チョイスは常にオープンにしておく。

『Sex & the Single Girl』の最大のメッセージは、1960年代というまだ保守的な考えが残っていたころに、独身女性はもっと経済的に独立し、男性との関係を楽しむべきだ、というちょっと急進的な考えでした。
結婚はともかくとして、いろんな男性と付き合ってみる、恋愛を楽しむ、ということはあなたの女性としての魅力を高めるためにも素晴らしいことです。“わたしはこういうタイプじゃなきゃイヤだ!”というふうに選択肢を狭めたりせず、もっとオープンに異性をみてみましょう。新しい魅力を発見できるかもしれません。

参考記事:5 Things I Learned from Helen Gurley Brown

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!