いつになったら彼は決断してくれるの?彼の決意を待つタイムリミットはどのくらい??

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.24.Mon

付き合っているのに、彼のほうに結婚の意思があるのかよく分からなくて、女子がやきもきする、というのはよくある構図ではないでしょうか。もちろん、ケースバイケースなので、ひとくくりにはできませんが、男性のタイプごとに違うアプローチが必要なようです。
今回は、そんな男性のタイプ別アプローチ方法をご紹介!あなたも参考にしてみてください。

“フリ”をするタイプの男

この種の男性は、長期的に安定した関係を築いているかのように、ふだん振舞っていますが、いざ結婚については、具体的な話し合いを避けようとします。

女性のなかには、結婚という話題をさりげなくほのめかせば、相手はそれに気付いてくれる、以心伝心で通じ合うかのように期待を抱く人もいますが、やはり堂々とちゃんと将来像をしらふでも語り合えるのが健全な関係といえます。
あなたが今の関係をとても大事にしており、ふたりの将来をもっと真剣に考えたいということを素直に伝えることが大切です。こうした話し合いを続けても、彼が具体的なことになると尻込みしたり、お茶を濁すことが多ければ、見切りをつける覚悟も必要でしょう。

“学者タイプ”の男

あなたの彼は、「きみとの関係を真剣に考えているし、ずっと一緒にいたいと思っているけど、結婚という制度は信じられないんだ」なんてことを言っていませんか?そんな彼はいわゆる“学者タイプ”といえます。

このタイプは、世の離婚率の高さ、既婚の友だちたちがあまり幸せそうでない、といった表層的なことから、もし結婚して不幸になったらどうしようと考え、結婚そのものを避けようとする自己防衛本能が働いていると考えられます。
このタイプの男が相手の場合、やはり大事なのは正直な話し合い。あなたの望みを素直に伝え、どうすればお互いにもっとハッピーな関係が築けるか、道をさぐることが必要です。彼があなたを心から愛しているのなら、あなたの話にも真剣に耳を傾けてくれるはず。おとぎ話のようなプロポーズや盛大な結婚式はむりでも、ふたりで確固たる基盤を築けるよう、前向きに話し合ってみましょう。例えば、すぐに結婚ということにはならなくても、共同名義で家を買う、資産をもつ、といったことは、あるていど重大な意味を持つといえます。

“革新者タイプ”の男

既製のライフスタイルやかたちに縛られたくないと考える男性にはこのタイプが多いかもしれません。一度結婚でつまづいたことがある、両親が離婚して結婚に夢というものが感じられないといった様々な理由で結婚制度に幻滅している男性は、いわゆる結婚とはちがうカタチの幸せを模索しています。

このような男性とつきあうには、あなたも通常の結婚観を脱し、自分たちなりの“長期で安定した関係”を定義しなおす必要があるでしょう。相手の“恐れ”や“不安”に素直に耳を傾け、そこからふたりでどんな関係が可能か、よく考えて。21世紀の今の時代、既成観念にとらわれない様々なカップルのあり方が認められています。お互いが妥協し合える部分をみつけ、これなら満足というところに落ち着けるのが理想的です。

参考記事:How Long Should You Wait for Him to Commit?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!