「おひとりさま」な女の5つの理由

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.11.23.Wed

近年「おひとりさま」というワードが流行っています。主に女性1人のことを意味するようで。おひとりさまになって久しい女子は大抵「ひとりの方が楽」「ひとりの方が自由」だと、ひとりの良さを語ります。
それは真実でもあるのですが、闇のような一面もあります。「最終的に帰る場所(彼氏)がない」「待っている人がいない」という、時折心にわき起こる寂しさ。ただ、そのマイナス面を超えてひとりライフを満喫し、おひとりさま道を突っ走ってしまう(良いのか悪いのかは個人の感覚です)女子が、どうしてそうなっていくのか分析してみました。


5つの理由

女子が長い期間、おひとりさまライフにどっぷり浸かってしまうのには、5つの主な理由があります。


1、やりたいことがあって時間をとにかく確保したい

趣味や仕事など現在夢中になっていることがあり、それを最優先したい場合、今は恋愛は特にいらないやと考えて、一般的な女の幸せ(恋愛)をそっちのけにして、したいことに打ち込む女子はおひとりさま道を突っ走りがち。
休日は趣味に没頭したい、という願望を持っています。彼がいると休日に会う時間を確保することになるので「今はそれよりも趣味!」と優先順位をつけているのです。


2、何でもひとりでできるようになってしまった

おひとりさまライフが長くなると、彼に頼ることはなくなります。かといって、オトコ友達をわざわざ呼んだりして、テレビや家具を組み立てるのは面倒。「自分でできれば、次の引越しのときも便利だよね」と考えて、通常ならオトコに依頼するようなことも自分でさっさとこなすようになります。
それだけではなく、ひとり行動も段階を経てクリアしていきます。ひとりラーメン、ひとり吉野家はもちろん、ひとり映画、ひとりカラオケなども、予定と予定との間に時間ができると普通に行くようになるのです。


3、ひとりのオトコに執着しなくていい

彼がいると、他のオトコとは二人で遊ばなくなります。むしろ、堂々と遊べないことが多いでしょう。その点ひとりだと、自由きままに複数のオトコと遊ぶことが可能。相手に縛られることがないので、フットワークも軽くなり、とにかくフリーな生活を満喫できます。


4、オトコに関してコンプレックスがある

付き合っていた彼が、自分にとって身近な女子と浮気をした、とても傷付く言葉を投げかけてきた、暴力を振るってきたなど、過去に何かしらオトコ関係で精神的あるいは肉体的に傷をおった経験のある場合。普通に交際経験はあっても、心の深い奥底でオトコ全般へ不信感を持ってしまうというのはあり得る事実です。


5、熱しやすく冷めやすい

恋愛において熱しやすく冷めやすいのも、こういった女子のパターンの1つです。すこし攻めてみたところ「あぁ脈がないな」と分かると、すぐにそのオトコを落とそうという考えはなくなります。そして次へ。切り替えが速く、可能性のないものは追わない、といった考えを持っています。

確かにおひとりさまライフは、とにかく自由で、極端に言えば何をしても良い、素晴らしい生活。しかしもう11月下旬。魔の三連休クリスマスが控えていますので、ご注意を。

ライター:sonoko0511

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!