女だって男に癒されたい。『きみはペット』松潤役のモモ的「癒し系男子」を探せ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.02.13.Mon

最近のオフィスは、女子でも競争が激しかったり、失敗して怒られたり、詰められることもありますよね。あまりに疲れがたまると、数あるリラックスや癒しグッズでも、疲れがとれないもの。「女だって男に癒されたい!」ところです。「癒し系男子」のポイントをチェックしましょう♪

「癒し系男子」のどこがいい?

「癒し系男子」代表ですぐ思い浮かぶのは、『きみはペット』で松潤の演じた「モモ」。いつもニコニコしていて、素直で、なついてくるんです。会社ではもちろん彼氏の前でも気を張りっぱなしの働きマン主人公小雪も、松潤の前だけではだらしない格好でOK。情けなかったり弱い自分を見せたり、素の自分でいられるんです。
この作品でも出てくるように、癒し系男子は「彼氏という恋愛対象としてみるのが難しい」のが難点。でも考えてみてください。癒し系男子に感じる、「ホッとしたり、素の自分が見せられる」部分、彼氏はもちろん、結婚相手として最重要ポイントですよね。今までは恋愛候補じゃなかった男子も、視点を変えて考えてみてはどうでしょうか?

きみはペット

「癒し系男子」チェックポイント

1、笑顔が気持ちいい

癒し系男子は、基本的にニコニコしていて、雰囲気が柔らかい人が多いのが特徴です。それだけではなく、笑顔にイヤミがなくて気持ちいいというのも重要ポイント。
笑顔の質は、性格をあらわします。なんとなく笑顔がイヤだなと思う人は、実は腹黒い場合も多い。気持ちいい笑顔だと、その笑顔だけを見ているだけで癒されるものです。

2、反応が素直

大人になると、こなれた反応をする人が多いですよね。経験も積んでいるし、こなれた感じは大人っぽくていいかもしれない。でも時に、疲れませんか?
逆に素直な反応をする人は、こちらもすぐに打ち解け、本音で会話できます。思ってもみない反応で笑っちゃうことも多く、一緒にいて癒されます。自然と人も集まってくるタイプなんですよね。

3、聞き上手

仕事で嫌なことがあった場合、解決策を求めることもありますが、女子としては「ただ話を聞いてほしい」ということも多いですよね。「共感し、的確な相槌や質問を投げかけ、褒めたり、「大変だったね」という言葉をかけてくれる」。このやりとりだけで、十分疲れはとれます。
基本的なことのようですが、意外とできない人が多い。中にはこちらの話を適当に流したり、的外れな返答をしたり、話をさせないほどマシンガントークな人もいます。付き合いが長くなるほど、その傾向が強くなることも。話を聞く体勢は、カレの自分や友人、家族と行う普段の会話の姿勢や内容を見ていると、よくわかります。

4、ゆったりしていて、楽天的

言葉や雰囲気は、相手に影響を与えます。カツカツしていたり、マイナスな言葉ばかり使う人とは、一緒にいてもなんだか疲れることが多い。
逆にゆったりしていて問題が起こった時にも落ち着いて対応したり、楽天的で失敗したときでも優しい言葉をかけてくれる人とは、一緒にいてなんだか元気が出てきます。

5、ありのままの自分を見せることができる

癒しの根本は、「素」。「相手の素が見える、自分の素が見せられる」ところに人はホッとするのです。
自分の弱いところも、ズルいところも、だらしない姿も(ほどほどにしておきたいところですが)見せることができる。そしてそんな自分を受け止めてくれる。そんな相手だからこそ、癒されるのです。

自分にとっての「癒し系男子」を

一緒にいるとホッとできて、ありのままの自分でいられる「癒し系男子」。意外と自分の身近にいるかもしれません。自分にと手落ち着く相手は誰か?『君はペット』のDVDを見ながら考えてみてはいかがでしょうか。

ライター:Miyano
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」
がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!