彼氏や旦那に決して言ってはいけない一言!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.30.Sun

付き合いが長くなってきたり、結婚すると、彼氏や旦那に言いたいことを何でも言えるようになりますよね。何でも言い合える関係こそ素晴らしい!と思っている人も多いはず。もちろんそうなのですが、私達が思っている以上に男性の心は繊細なもの。何気ない一言が彼を傷付け、時には二人の関係に影響を及ぼしてしまうなんてこともあります。
精神科医で「Every Day Love」の著者であるジュディ・フォードは「カップルは思いやりのある会話を学ぶべきだ」と言っています。男性の心を傷付けない会話を身に付けましょう。

1、「いつになったら新しい仕事を見つけるの?」

男性にとって、仕事の話は非常にデリケートな問題です。この言葉を言う前に、何故彼に新しい仕事を見つけてほしいのか、給料、キャリア、帰宅時間など自分の中で掘り下げてじっくり考えてみましょう。同時に普段彼がどれだけ家事や育児をしてくれているかについて見直してみましょう。
その上で今後のライフスタイル、キャリア、夢、貯金目標について彼と十分に話し合い、お互いの希望を叶える方法を考えましょう。

2、「私がやるから、そのままにしておいて。」

彼が家事や育児に手を出すと、ついこのように言ってしまいませんか?自分で家事をやる方が早くて綺麗にできるからと言ってしまいがちです。けれどこれではせっかくの彼のやる気を台無しにしてしまいます。あなたとの関係や家庭における自分の役割を見失い、彼は何一つ家事をやらなくなってしまいます。はじめは間違えたり時間がかかることもありますが、暖かく見守りながら彼に家事や育児をやってもらいましょう。

3、「いつも~」「決して~しない」

この二つのフレーズだけは絶対に使ってはいけません。こう言ったところで彼自身は何も変わらないからです。断言されることで嫌な気分になり、余計に彼は変わろうとしなくなります。代わりに、「~してくれない?」「~してほしい。」とお願いしましょう。大抵の男性は頼みごとをされるとはりきってやってくれます。

4、ストレートに物事を言い過ぎない

例えばあなたが彼に少し太ってきたことを指摘したくて、「本当にそのズボンが合っていると思う?」と言ったとします。彼は外見をけなされたことしか頭に残らず、痩せようとは思わないでしょう。思ったことをそのまま言うのではなく、彼がやる気になるような有効な提案をしましょう。この場合、「食後一緒に散歩をしない?」と誘うと、彼も痩せようかと思い始めます。

参考記事:9 Things You Should Never Say to Your Husband

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!