出会いがないとお嘆きのあなたへ!「ダーリンは外国人」も考えてみませんか?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.06.17.Fri

なかなかすてきな男性と恋愛ができないとお悩みの人、ひょっとして相手の選択肢を自ら狭めていませんか?
“ダーリンは外国人”というマンガが話題となったように、外国人との恋愛や結婚はかつてほど珍しいものではなくなってきています。外国人との恋愛の醍醐味はなんといっても、日本人同士の恋愛ではあり得ないようなハプニングがあったり、相手を通じて異なる文化への理解を深めたりできる点です。
また、相手の話す言語を学習中であったら、彼は最高の家庭教師となってくれるでしょう。もちろん、どんな恋愛にだって、良い面、悪い面がありますが、”外国人”という選択肢も視野に入れてみてはいかが?

でも身近に外国人なんてなかなかいないし、と思ってもひるまないでください。最近はネットで調べれば、外国人との交流会などが各地域ごとで開催されているので、こうしたイベントに参加してみたり、SNSなどを利用して出会いの可能性を探るのもありでしょう。

世界中から人が集まるニューヨークでは、自分と国籍の違う人との恋愛も日常茶飯事だといいます。以前ご紹介したJ.C.デービスさん(参考記事:ラテン系の男性は独占欲が強く、アジア人の男性は、、、。さまざまな人種の男性とデートした女性の体験談)は、そんな”国際恋愛”の達人、数々の実体験から、以下のように指摘しています。

“国籍や文化が違う者同士の恋愛といっても、ぶつかる問題はほかの人と大差ありません。価値感、金銭感覚、将来設計、義理の家族の問題といった大きなことから、歯磨き粉の使い方のような日常的なことまで、いろいろあります。でも、とくに無視できない問題があるとしたら、食事と言葉、このふたつになるでしょう。”

まず、食文化の違い、これは毎日のことなのでふたりの食習慣が違うといろいろストレスの元となります。例えば、日本人は魚、海産物が大好きですが、これに抵抗感を覚える外国人もいるでしょう。
また、宗教の理由上、お酒、豚肉類が一切ダメという相手だとしたら、デート先の食事にかなり気を使わなければいけないかもしれません。長いスタンスでこうした違いを受け入れられるか、よく考える必要があります。

つぎに、言葉の問題。お互い言葉がよく通じ合わないまま熱烈な恋に落ちて結婚した、というケースもまれにありますが、やはり言葉による意思疎通が十分にできないというのは今後大きな問題となる可能性があります。ふたりはそれでいいとしても、お互いの家族や親戚はどう感じるでしょうか。どちらかが相手の言葉を学ぶ、あるいはどちらの言葉でもない第三言語(例、日本人と中国人のカップルで、会話は英語、など)を選ぶカップルもいるようです。

たしかに、日本人同士では考えられない誤解やストレスがあるのも事実です、でも、こうした問題をひとつずつ乗り越えてゆくのも、大きな達成感につながるのではないのでしょうか?
表面的なことだけとらえて、運命の相手を逃してしまったらなんとももったいない話です。概して日本人の女性は、気配りができて、料理が上手、おまけに極端な肥満体質もなくリムな体型を保っているとして外国人男性からは人気があるものです。(逆のパターンで考えてみましょう、日本人男性がとりわけ外国の女性からもてているという話はききません)

彼氏は日本人で、という先入観をあえて捨ててみれば、また新しい可能性がいろいろ広がっているかもしれません。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!