恋してるときに観たい映画10選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.07.07.Thu

恋愛中といっても、片想い、両想い、失恋中etc.…と様々な「ステイタス」がありますが、そのうちのどの状態であっても、恋愛力や女子力、また生きるテンションを高めてくれるステキな作品を、改めて観てみませんか?

映画から受ける影響はとても大きいもの。彼と一緒に観るのも良いかも知れません。マンネリ化している人は、初期のドキドキが戻ってくるかも…?
映画フリークな著者が、2009年02011年に公開された比較的新しい映画から、とっておきの10作品を集めてみました!!

観ておきたい10の恋愛映画

空気人形

生身の女性は心を持っていて面倒くさいから嫌だ。そんな理由から空気人形を彼女にし、性欲を満たしていた男。ある日突然、男の所有する空気人形が、人間のようになってしまった。それは“心を持ってはいけないはずの彼女”が心を持ったということを意味する。彼女はレンタルビデオ屋に勤める男性に恋をする。「私は代用品」―彼女は今まで男に飼われてきたことを振り返り、その意識を強くする。「あなたの望むこと、何でもやるから」と、それが自分の使命であるかのように言う。心を持つということは、悲しみに出会うということ。同時に喜びをかみしめるということ。心があるということは、切ない。たまに痛くて苦しくて涙が出る。しかしそれと同じくらい、思いっきり笑える瞬間があることを再確認させてくれる作品。

抱きたいカンケイ

ナタリー・ポートマン主演で、なんと彼女が製作総指揮まで務めて話題に。これはセフレから始まる恋愛ストーリー。一般的には、付き合ってからセックスするというパターンが多いけれど、これはその逆。確かに「都合のイイ関係」というのは楽。長時間一緒にいなくてもいいし、会いたいときに来てくれる男、セックスしたいときにできる男は便利。しかし、本気で好きにならないという保証はない。タイミングという問題が、常に人生においてまた恋愛においてあるから。「機会損失」が最ももったいないこと、そして好きな人には素直にさっさと「好き」と言う方が賢い、というのを改めて感じるであろう映画。ドキドキハラハラしたいときに。

婚前特急

同時に5人の彼氏と付き合う主人公チエ。男たちに番号を付け、それぞれの合い鍵にも番号を振って管理していたが、親友の結婚をきっかけに自分の恋愛を整理しようと思い立つ。各彼氏のメリットとデメリットを書き出すのだが─。涙が出るほど笑えて、また「本当の相手っているんだ」と信じさせてくれる作品。吉高由里子のかわいさもヤバい。

恋とニュースのつくり方

主人公はテレビ局に勤める仕事一筋な28歳の女性。常に視聴率に追われ、なかなか彼氏もできない。そんなとき、彼女は長年勤めた会社を解雇される。次の職場は視聴率が最下位のニュース番組。視聴率を上げるために奔走する日々が始まる。やはり、仕事を頑張っていると、その姿を見てくれている人は必ずいて、イイ恋に結び付くことが分かる。イイ恋愛をしていると、女は美しくなる。元気が出るストーリー。

ノルウェイの森

村上春樹のベストセラー小説が映画化。深く愛し過ぎることはベストなことなのか、それとも―。失った者の影が消えなかった直子は、自殺した。愛する者を失ったワタナベは、同じように後を追うことをしなかった。直子の分も、生きていく。愛することとはどういうことなのか。相手のすべてを受け入れて認めることか。愛は危うくて脆く、だけれど強固な絆で繋がり合っていくもの。大事な人と観たい作品。

ゴースト もう1度抱きしめたい

1990年公開の大ヒット映画『ゴースト/ニューヨークの幻』がアジア版としてリメイクされた。松嶋菜々子と、人気の韓流俳優ソン・スンホンがW主演するということで話題に。ろくろを二人で回すシーンにはうっとり。癒されます! 心の底から人を愛することは、その人を守りたいということ。ステキで温かい恋愛を作品の中に見ることができる。

悪人

「寂しいから誰かと出会いたかった」という切実な言葉が印象に残る。孤独は他者の存在でしか埋められない。表面上は1人で生きられるとしても、人は人を必要としている。祐一と、共に逃避行した光代の2人とも、人と関わって生きてはいるものの、すべてぶつけ合える相手などいなかった。「悪人」は結局のところ誰なのか、という人間の心の闇を紐解こうとする作品。

人のセックスを笑うな

山崎ナオコーラ氏の代表的な作品の1つ。鮮烈なタイトルで話題となり、映画化に至った。松山ケンイチと永作博美という最強“ナチュラル”コンビも素晴らしい。二人の自然過ぎる絡みがとにかくヤバいとしか言い様がない。柔らかさ、ふわふわさ、ゆるさ…恋愛に求めるすべてのものが、ぎゅっとやさしく凝縮されている、何度も観たくなる作品。

噂のモーガン夫妻

「浮気したけれど、妻が好き。そんなのアリですか?」というキャッチの予告編を今でも覚えている。主人公のモーガン夫妻は、誰もが認めるセレブ・カップル。夫が浮気したことから、2人の間に深い溝ができてしまったのだった(そりゃそうか)。ひょんなことから危険な事件に巻き込まれ、2人は同じモノを“共有”する。それにより2人は再び近付くことができた。冷めそうになっているカップルで観ると、2人の仲は復活するんじゃないかと思わせられる一作。

10 SEX AND THE CITY

女子的にテンションの上がる恋愛映画第一位(個人的に)。仕事も友情も恋愛も、どれかがうまくいけば、すべて美しくリンクするような気がしてくる。また、女子のパワーをものすごく感じる。女子の方が男子よりも精神的に強いんじゃないか、と。実際そうだと思うけれど(笑)。ただやはり、主人公たちが強過ぎるので、女子と観るか一人で観るかが望ましい作品かと。

著者:sonoko0511

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!