TDRの大人デートで気になる男をオトす!男を『胸キュン』させるテクニック!

「TDR(東京ディズニーリゾートの略。東京ディズニーランドや東京ディズニーシー含む)でデートしたカップルは別れる」という古くからのネガティブな都市伝説はご存知ですか?
まったくそんなことはないと思いますが、恐らくアトラクションに続く長蛇の列により話題がなくなるとか、混雑のストレスからケンカをしやすい、といったことのようです。

しかし寒さも厳しく混雑も緩和している今の時期のTDRはまさにデートにオススメなんです!この時期、関係を一歩進めたいと思う相手がいるあなたに、大人こそTDRの力を借りつつ気になる男性をオトすテクニックを今回はご紹介します。

1.「TDR行かない?」関係を一歩進める魔法の言葉

街中がイルミネーションに彩られ、クリスマスに浮き足立つこの時期は普通のデートでも十分いい雰囲気が期待できます。しかしこの時期、多くの男性はいろんな女性とデートしているという厳しい現実も耳にします。
あなたが気になっている男性がもしフリー(彼女なし)でも、既に複数の女性とデートしながらクリスマス本番の相手を決めようとしているかも。そんな状況を考えると、ライバルの中から一歩リードするなら無難なデートより断然TDRデートですよ!

「TDR行きたいんだ、一緒に行かない?」この一言はお互いにとっての魔法の言葉。相手に自分を意識してるんだと自覚させつつ、反応1つであなたへの興味度が分かってしまうのですから。

ちなみに反応をパターン化するなら、以下を参考にしてみてください。
「いいね!いつにしようか?」・・・あなたに興味大アリ
「いいね!他に誰呼ぶ?」・・・サシで盛り上げる自信がない
「日によるかな」・・・自分から候補日を出さないようなら断るつもり
「ごめん、実は苦手なんだ」・・・代案デートを言い出したら脈アリ、しかしその一言で終了したら残念ながら興味ナシ
ちなみに友人と気になる彼、大勢で行ってもあなたのアプローチチャンスは十分ありますので気を落とさないでください。相手のノリや互いの距離感を見計らって、誘ってみてくださいね。

2.ツカミはOK!TDRデートを盛り上げるグッズたち

待ち時間が長くなる冬のTDRデートで、実際に男ウケが良かったグッズは「ホッカイロ」。超定番グッズですが、「気が利くね!」と喜ばなかった男性はいません。
あとは現地買いのかぶりものやパスケースです。これをお揃いでなくてもいいので「可愛いから買おうよ」と購入し、「今度来たときにまた持って来ようね」の一言でぐっと親密度は近づきますのでお試しあれ。

3.TDRでは2ショットの記念写真でさらに近づく

恋人未満であれば、普段のデートで2ショットの写真はなかなか撮らないもの。しかしそこはTDRマジックを理由に、ツリーやシンデレラ城のフォトスポットで2ショットの写真を撮りましょう。撮った写真は思い出になりますし、後々に話のネタにもできます。
そして頑張れる人にオススメするのは、写真を撮るときにちゃっかり腕を組むこと。どさくさにまぎれて密着すれば、彼がびっくりしても「えへ♪」の一言で可愛い仕草に。

4.TDRの行列で急接近

行列の嫌いな彼ならおすすめできませんが、列に並ぶ時間はまさに急接近タイムですよ!ちなみに行列が苦手な彼には、「じゃあ私が楽しませてあげる!」の一言が効いていました。
実際にとても寒いので、「寒いよ~」と自分の背中を彼の体に寄せるのはかなり効果があります。手を握られるよりあからさまでなく、体を密着させる面積は大きいのでドキドキするそうです(笑)。ちょっと冗談っぽく、お試しあれ。

5.TDRの絶叫アトラクションで心をわしづかみに

TDRのアトラクションには写真を撮られるものがいくつかありますが(TDLならスプラッシュマウンテン、TDSならタワーオブテラー、インディジョーンズなど)、この機会を使わない手はありません。
これは実際にやってみたことなのですが、写真を撮られるポイントの直前に「次撮られるから、ちょっと笑ってて」と耳打ちし、タイミングに合わせて彼の頬にサプライズのキスをします。
これは思いつきを装って、直前に言うのがポイント。とてもドキッとするようで、アトラクションの後は彼が本気であなたをオトしにかかってくるくらいにわしづかみになるようですよ。


以上、TDRの大人デートで男をオトすテクニックをご紹介しました。楽しいアトラクションや美しいイルミネーションではなく、彼の心を奪うのは何よりあなたの大人可愛い仕草ですよ。

ライター:江

あわせて読みたい
 
Googirl編集部

Written by: Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!

 

トラックバック & コメント

この投稿のトラックバックURL::
コメント