結婚4年目は魔の年!?離婚を上手に回避するためには!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.01.21.Sat

交際中のカップルを脅かす3週間、3ヶ月、3年というターニングポイント。周りを見渡すと、3ヶ月や3年で別れるカップルが多い気がしませんか?
恋愛感情が家族愛に近いものに変わるのも約3年だと言われていますよね。そうなると、結婚3年目で離婚する夫婦も多いのかな?そんな疑問を持った著者は離婚相談を仕事としているCさんに「やっぱり結婚3年目で離婚する夫婦が多いんですか?」と質問してみました。すると離婚相談をしてくるのは、結婚3年目よりも、むしろ4年目の人だという答えが!
ちなみに結婚8年目の人からの離婚相談も多いそうです。


結婚4 年目に離婚したくなるワケ

アメリカの人類学者であるヘレン・フィッチャーは「今日の伝統的な社会を調査すると、子供が乳離れするのに必要な期間は約4年です。この数字が離婚のピークと一致するのは、偶然ではないでしょう」と言っています。
確かにほとんどの人が結婚3年目までは、環境が大きく変わり、子供を出産し、育児をしていくわけですから、自分のことをじっくり考える心の余裕などないでしょう。しかし、子供に手がかからなくなる結婚4年目になると、これまでの結婚生活を冷静に振り返る余裕が生まれ「この人は頼りにならない」などと思ってしまんでしょうね。


4年目に離婚する夫婦が多いのは、先祖が身につけた賢い戦略!?

集団で生活していた原始時代では、乳離れした子供の世話を他の人に任せて、配偶者を変え、新しい関係を結ぶことができたと考えられています。複数の配偶者と関係を結ぶことで、体質の違う子供が生まれますから、伝染病の蔓延を防ぐことができたんです。厳しい自然界では、似た体質の子供ばかりを生むのは大きなリスクになりますから。もしかして先祖は進化の過程でそのような賢い戦略を身につけたのかもしれませんね。


離婚危機を乗り越えるためには

配偶者に対する愛が完全に消えてしまったとき「こんなはずじゃなかった」と思っても遅いでしょう。そう思わないためには、白馬に乗った王子様と結婚すれば幸せになれるという理想を捨てること。もっと賢く人を愛する道を模索すべきなんです。
4年目の浮気心や配偶者に対する幻滅を乗り越えることができれば、本当の愛を手に入れることも可能。大多数の夫婦は結婚4年目の危機を乗り越えることに成功していますから、結婚に理想を持ちすぎず、恋愛=相手の良いところを見つけること、結婚=相手の欠点や失敗を受け入れ、許すこと、だとある程度割り切って考えると良いでしょうね。それも本当の愛を得るためのひとつの手段だと思いますよ。

ライター:羽音
東京在住のフリーライター。恋愛や美容について執筆しています。趣味はスペイン映画観賞、人間観察。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!