ネガティブ女は嫌われる!?男性が敬遠する「自虐」「愚痴」「ダメ出し」三重苦

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.03.10.Sat

男友達や彼氏候補が、多い女性と少ない女性の間には明確な差がありました。もしあなたが後者の人間と自覚するなら、日頃の自分が持つ話題や、相手の話への合いの手の入れ方をよく省みてみるといいでしょう。実は残念ながら後者は圧倒的に「自虐」「愚痴」「ダメ出し」に代表されるようなネガティブ思考の持ち主なのです。
今回は、男性から敬遠されがちな三重苦から脱してポジティブ思考になれる方法をご紹介します!


1.ネガティブ女が増えてしまった理由

「自虐」「愚痴」「ダメ出し」この三重苦は、男性が言われたらどう反応すればいいのか分からないネガティブ表現です。ネガティブ女に陥っている人は同性の友人が多く、同性同士で固まる傾向にあります。
では同性同士の会話を振り返っていただきたいのですが、共通の話題として盛り上がるのは実は「自虐」「愚痴」「ダメ出し」が多いのではないですか?(「ダメ出し」は相手にせずとも、その場に居合わせない誰かへのツッコミなど。)これ、同性とのコミュニケーションでは最適な話題なんです。「自虐」は自分のことを下げて見せることで相手の同調を誘う、ライバル心を消失させる効果があります。
「愚痴」は共通の標的への攻撃をすることで団結力が芽生えます。よって男性に敬遠される三重苦をやってしまっている女性は、同性からはけっこう人気があるようです。
逆に同性の友人が少ない女性は、この3つが苦手とも言えますね。しかし男性からは敬遠されたままなので、いつまでもネガティブなスパイラルから抜け出せずにいるはずです。


2.男性がネガティブ女を敬遠する理由

では男性はなぜ「自虐」「愚痴」「ダメ出し」を敬遠するのでしょう?
一般的に、男性は本能を理性で制御する目的から、女性より論理的思考力を身につけていると言われます。そのため結論のない話が苦手です。「愚痴」などはスッキリするために言い、話し手は解決を求めているわけではないのですが、男性にとって結論がないのでワケが分からないのです。
また「自虐」は聞き手として単に返しに困ります。下手につっこむと相手の女性を傷つけかねないからです。
よく相手の男性に対して「ダメ出し」する姉御肌&毒舌系女子がいますが、これも言われっぱなしの男性は面食らってますよ。男性のハートはうすはりのグラスみたいに脆くプライドも高いのです。


3.思考をポジティブ変換してネガティブ脱却

普段からネガティブトークに陥っている人は、ネガティブ思考で話題収集するという悪習慣がついてしまっています。よってすぐにポジティブになるのは難しいので、「自虐」「愚痴」「ダメ出し」に必ずオチをつけて笑いを演出してはいかがでしょうか?オチが習慣化すれば、小話として完結するのでいつまでも話し続けることもありません。
あとは三重苦別ポジティブ思考変換方法です。


「自虐」

自分を下げるなら笑いを取ると決める。それが出来なければ自分を褒めることに慣れましょう。今日頑張ったことや嬉しかったことを日記やSNSで言語化する習慣をつけるだけで自分が変わる実感があります。


「愚痴」

1つ愚痴を言いたくなったら、その対象となる人物への褒め言葉を10個考えましょう。それがどうしてもできなければ、愚痴は5分まで、愚痴を言ったあとに、「ごめん愚痴っちゃった」と言う、この2つをルール化するだけで愚痴は劇的に減ります。


「ダメ出し」

相手にダメ出ししたら、それ以上に自分を下げて見せるようにする。これだけでオチがつき、ダメ出し自体減ります。

ライター:ライター:幸(さち)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!