カラオケで気になる彼を狙い撃ちテクニック5パターン!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.12.27.Tue

忘年会、同窓会、二次会など宴会あれこれで年末はカラオケに行く機会急増中。その会に気になる相手がいる女子必見!カラオケで気になる彼を狙い撃ちテクニックをご紹介します。

1.隣の席を確保する

もはや常識中の常識ですが、気になる相手の隣の席を死守しましょう。鉄則です。
カラオケのような音の大きな場で、隣の席以外の場所での会話は困難だからです。逆に隣を確保すれば耳元に口を近づけて話すという、男性が大好きなシチュエーションに恵まれることになりますよ。カラオケの部屋に入るときに離れていても、口実はいくらでも作れます。
ここでは気になる相手を「Aさん」と呼ぶことにします。

直球パターン・・・「Aさんの隣がいい!」「Aさん、隣に来て!」

変化球パターン・・・「Bさんの隣がいい!(と言ってAさんとBさんの間に入る)」

別の言い訳パターン・・・「煙いの苦手なんで(風上)」「隅っこが好き(角)」「注文するんで(出入り口前)」「歌う時立ち上がるんで(どこでも)」

もちろん隣の席がとれなくてもがっかりすることはありません。カラオケ中も機会をうかがいましょう。ドキッとさせるのは断然直球パターンですので、お試しください。

2.歌ってほしい曲を歌う

いざカラオケが始まったら、気になる彼に歌ってほしい曲をリクエストしてもらいましょう。男性は女性に歌ってほしい曲が1つくらいはあるものです。もし無いと言われても、ジャンルや世代くらいは絞ってもらいましょう。
ただ、世の中の数ある楽曲からリクエストされたものが自分のレパートリーとは限りません。事前に他の人にさりげなく好きな曲をリサーチしておいて練習するなどの努力もいとわないのであれば、ぜひ挑戦してみてくださいね。

3.盛り上げ、便乗する

彼の歌う姿にうっとり・・・してばかりいないで、盛り上げることも大切です。特に宴会後のカラオケはごたついて聞いていない人も多い場合があるので、せめてあなただけは聞いてくれる女になりましょう。
拍手やタンバリンを鳴らすだけでも有効ですが、ハモりや合いの手を入れられる曲はぜひ積極的にマイクを手にしてみてください。歌手が振り付けをつけるような曲であれば、振りを真似するだけでも「ノリのいい子だな」と思われますよ。
さらに、気になる相手の歌を真剣に聴くことでアピールしていると思い込む女性がいますが、厳密に言うとそれだけではアピールになりません。なぜならそういった女性はたいてい気になる相手でなく画面の歌詞を追っているからです。ここでは相手を見つめることが正解。1曲中1度は目が合いますから、画面でなく彼を見ましょう。

4.流行の歌で悩殺する

これは頑張れる人限定の項目になりますが、流行の歌をマスターしてみてください。「AKB48」やK-POPなど女性アイドルが踊る曲がいいです。これらのアイドルの曲を歌って興味を持たない男性はいません。踊りまでできれば完璧です。
特に「KARA」や「少女時代」などの曲は振りに指差しやウインクが豊富に含まれているので、気になる彼に照準を当てて歌ってみてくださいね。

5.デュエットする

ある程度場が温まったら、デュエットをおねだりしましょう。2人の仲を一気に近づけることができます。特に年上の人がターゲットなら、デュエット曲は非常に喜ばれますよ。
デュエット時に忘れないでほしいのは、彼と見つめ合いながら歌うこと。ここでも画面でなく彼を見つめることが大切になります。3秒見つめ合ってあなたから目を逸らす。これを何度か繰り返せば、デュエットの一体感と相成って彼はもうあなたのことが気にならないはずありません。
さらに一度そのデュエットが成功すれば、次回もお決まりの2人になることができますので、頑張ってみてください。

以上、カラオケで気になる彼を狙い撃ちテクニックでした。騒がしさに疲れたら少し外の空気を吸いに行ってみてくださいね。そこで彼が追ってきたら、あなたが頑張った効果は抜群ということです。

ライター:江

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!