貯金もほとんどなし。。金遣いの荒い男を矯正する方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.12.28.Wed

極端に金銭感覚の異なる相手とはなかなか付き合えないもの……。彼の金遣いの荒さに衝撃を受けたことはありませんか?
週5ペースで飲みに行ったり、給料の1/3くらいをファッションに費やしたりという驚きの行動をする男子が、意外といるのです。そのような生活で、お金が貯まるわけがありません。将来を一緒に歩んでいく相手としては、正しておきたいところ。「矯正」という言葉の方がふさわしいかも知れません。

「金遣い荒い」くんの基本

そもそも彼らは、自らの金遣いの荒さやスピードを認識していません。そしてさらに注意したいことは「貯金をする」という感覚がないこと!
本当に驚いてしまう話ですが、社会人として2年間働いて貯金が3万(それを貯金というのかというと、はなはだ怪しいところはありますが、そんな男子もいました)というツワモノも。「20代のときは自分へ投資しろ」とはよく言われる話ですが、投資とひとくくりに言っても真の投資になり得るものと、そうでないものとがあります。そこを見極めずにお金を湯水のように使うクセを、こちらが直してあげることが必要。

ソフトな矯正方法

1、お弁当を作ってあげる

昼も夜も外食という男子へ使える手です。どちらかをお弁当にすることで、およそ800円×5日×4週=16,000円は浮く計算に。「彼の健康を思いやっている感」も出やすくオススメ。

2、レシートをもらわせる

金銭感覚のない人にはレシートを一切もらわない、見ないという習慣があります。それに関連し、1日に浪費したおおよその金額についても把握していない場合が多いです。まずは意識だけでもさせる方法として、すべての買い物で生じたレシートを確認させることを徹底。

3、貯金を別口座にさせる

給料が振り込まれた日に「固定額」を、振り込み口座とは別の口座へ、貯金として入れることを覚えさせましょう。貯金のことなど考えない人は、振込み用・貯金用と、わざわざ通帳を分けたりしません。分けることは面倒なことでもあるのですが「緊急事態がない限り、貯金用からは下ろさない」と決意するための小道具となるのです。

4、自分の貯金額を伝える

負けず嫌いが多いというのが、男子の特徴でもあります。結婚、出産など将来の2人のビジョンを話しているときに、さらりと持ち出してみて下さい。「結婚式挙げるためにはこれくらいかかるんだって」など、さり気なく、さり気なく。そこで「そのために私はこれくらい貯めている」とアピールしても問題ありません。「そ、そんなに貯めてるのか……俺ヤバいじゃん!」と認識させなくてはなりません。それを反省しない男子はそもそもお断りしたいくらい。

5、買い物はコンビニ<スーパー

浪費男子のクセには「1日に何度もコンビニへ行く」というものもあります。コンビニは陳列の仕組み上、どうしても本当に必要のないものまでも買ってしまう、魅惑のショップだといえます。そう作られているので、ある程度仕方のない側面もあります。
ただ、通う回数を減らすことで、必然的に不要なものを買わないという習慣も作ることができるといえます。またスーパーで買えるものはコンビニではなく、スーパーで買うことを意識付けさせること。コンビニはなにかと割高です。

まとめ

こうして見てみると、小さな努力の積み重ねがいかに大事かが分かります。お金を貯めることの意味や目的、そして意識付けをしてあげることが、ゴールへとつながっていきますよ。

ライター:sonoko0511

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!