恋愛は打率!「気になる男子には即告白しちゃう」彼氏が途切れない女子の告白

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.03.31.Sat

彼氏がいないという“空白期間”のない女子っていますよね。「この前別れたばかりじゃない? 早速新恋人ってマジで?」といつも驚いてしまいます。そういった女子は常に種蒔きをして、男子を育成しているのはもちろん、なんと自分からも告白するのだとか。
恋多き女は男子から告白されているだけではない、という驚きの実態が判明。「途切れない女子」へ話を聞いてきました。

母数を増やしておく

途切れない女子はわりとピンとくる瞬間が多いのだとか。1度に「なんとなく気になる」男子は10人程度います。これは幸せな状態。自分にとって選り取りみどりな感覚なのですから。ただ普通の女子にとっては「良いなと感じる男なんて、そんなにたくさん出会えませんけど!」と言いたい。
心がけたいことを訊いてみたところ、合コンに行く、友達経由での飲み会に呼ばれたら行く、人が集まる場所には顔を出すなど、出会いを多くする努力はしているそう。あたりまえのことですが、男子の母数を確保しておくことが重要なようです。出会いがないと恋愛など始まりません。

10人に告れば1人は引っかかる

そこで「ちょっとでも気になる男子」を10人ほど集めた後は、優先順位を付けて告白していくのだとか。は、早い! 一般的な女子には衝撃です。
途切れない女子によると「10人いれば最低1人はOKしてくれるもんよ」とのこと。最低1人ですと! 短期間に10人に告白した経験などありませんが、過去の恋愛で自分から告白したケースを考えてみると、この打率は妥当かも。2~3人は「おう、付き合おうぜ!」と返事をくれるのではないかと感じます。イイ男とまとめて出会い、集中的に遊んで、順番に告っていくのが効率的で良いことは間違いありません。

イイ男は即売してしまう

恋愛市場において、イイ男はすぐに売れてしまいます。筆者も苦い経験あり。密かに狙っていた男子がいて、たまに飲んだり遊んだりしていたのですが、2ヶ月くらい時間をかけようという「中期計画」を立てていました。これが失敗でした。なんと遊んだ翌日に「そういえば今日彼女できた!」とその男子から報告が。前日に告っておけば私のモノになっていたかもと思っても、既に後の祭りです。誰しもイイ男を狙っているのですから、ウカウカしてはいられません。

まとめ

最初に出会ったときに、男子はその女子を恋愛対象であるかないか、振り分けているそうです。初対面で彼女になれるかどうかは決まっていて、どちらから告白するかなど関係ないのです。恋愛において「善は急げ」なのですよ。

ライター:池田園子

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!