釣りが大好きな「海人(うみんちゅ)」男子とつき合ったら女子がしっかり覚悟すべき5つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.06.09.Sat

「釣りガール」なんて言葉もありましたがまだまだ釣りをやったことないよ、という女子も多いはず。真っ黒に日焼けした海が似合う彼。まるで海人(うみんちゅ)な男子が「オレ、釣り好きなんだよね!」と言ったら「ヤッター!お刺身食べられる~♪」…そんな簡単ではないですよ!

釣り好き「海人(うみんちゅ)男子」とつき合ったら覚悟が必要な5つをご紹介します。

遠足に行く時のように、準備段階からノリノリ!? 釣り具を買う時からすでに始まっている!

釣りは行ってからもそうですが、準備段階から。
釣具屋さんに行って、あれこれ選ぶ、試す。買う、眺める、磨く…。
最初は「へー」「これ何に使うの?」と目新しいルアー(魚形などの疑似餌)やリール。生き餌にドッキドキ!な女子も段々やはり飽きます。ですが、この序章は海人男子にはもっとも幸福なひと時でもあるのです。忍耐強く、つき合ってあげて。

メイク時間をどこでひねり出す? 釣りは朝が命!早朝というより、もはや夜の時間に準備が始まる

メイクの時間なんてありません!現地に着くのが早朝、ということは東京の場合すでにAM3:00には出発。なんてこともあります。普段ねぼすけな女子にはかなり過酷!?

紫外線MAX!海の日射しはスゴすぎる!!

「潮風が気持ちいい♪」なんて言ってられるのも最初だけ。これからのシーズン、ハンパない紫外線の嵐に合います。日焼け止めを塗っても、汗で落ちやすいのでマメな重ね塗り。下地のUVもしっかり塗りましょう。

トイレはマメに!見つけたら必ず入っておくこと

海、川、湖。釣りのシーンでなかなか見つけずらいのが「トイレ」。ティッシュペーパーが用意されていないところも多いので、必ず持って行きましょう。

「釣れて当たり前。」と思わないこと

釣りは気候、その時々の気象条件に左右されやすく簡単に「釣れて当たり前。」と思って行くと大外れします。
釣れなくて、イライラする海人(うみんちゅ)男子を優しく笑顔でサポートしてあげましょう。ちょっとしたアメなどお菓子を持参するのもいいですね。

まとめ

ここまで読むとなんだかメンドクサイなーと思った皆様。確かに女子にとって釣りのシーンは過酷でもあります。が、雄大な自然に囲まれ、朝日、夕日を見たり風を感じたり、波の音を静かに聞く、なんていう非日常空間も楽しめます。
釣り好き「海人(うみんちゅ)男子」が彼になったらそういう自然と触れ合う心の《ゆとり》も得られるはず。

しっかりこの5つを心得て、釣りライフもエンジョイしてみてくださいね。

ライター;西村華奈穂

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!