婚活よりも大事!?今、鍛えるべきは「恋愛キープ力」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.03.31.Sat

婚活ばかりに目がいきがちになりますが、付き合いをスタートしたら一番大事なのは「恋愛キープ力」。恋のドキドキだけでなく、ケンカやマンネリの克服など、いくつもの壁が待ち受けています。いくつものトラブルを乗り越えて、「何があっても一緒にいたい女子」になるのが難しいんですよね。
長い付き合いを経て正規ルート婚をした、小栗旬×山田優、北川悠仁×高島彩カップルに学んだ、「恋愛キープ力」をご紹介します。

1、どんな時でもポジティブ

世の男子は、女子よりも繊細で、傷付きやすい。切り替えの早い女子と違って、いつまでも物事を引きずる面もあります。その一方で、社会の男子への風あたりは強い。仕事場でも、男子は女子より厳しく詰められますよね。
気分が沈んだ時に、彼女がポジティブだと、男子は助けられるんです。彼女の明るい言葉や笑顔に癒され、気持ちの切り替えにもなる。前へ進もうという元気も湧き、何があってもこの子となら乗り越えられそうだと感じます。カレが落ち込んでいたら、話をじっくり聞きながらも、根はポジティブな言動を貫きましょう。小栗旬は、山田優の根の明るさに助けられたそうですよ。
また、これは2人の関係でも言えること。ケンカをした場合、こちらがいつまでも引きずっていると、カレはさらに引きずり続けてムードは険悪に。話し合いが終わったら、引きずらないこと。気持ちの切り替えに外出するなどして、嫌な雰囲気を払拭することをオススメします。

2、家庭的な女子は最強

結婚となると、男子「この子との結婚したら、どんな生活になるだろう」と必ず想像します。
求める家庭像はそれぞれ異なりますが、女子に共通して求められるのは「家庭的」なこと。仕事で疲れて帰ってきて、部屋が汚かったりご飯がまずかったら、さらに疲れますよね。しかも最初のうちは文句も言いづらい。「家庭的じゃない女子=疲れる」は、もはや定説なんです。
逆に、結婚を意識していなくても、家庭的な面をみるだけで結婚を意識するもの。家事の腕を磨くだけでなく、カレの体調や健康を気遣うなど、家庭的な面を見せましょう。

3、「しつこさをみせない女」でいる

一見「しつこくない女」が正解のように思いますが、それは間違い。一人でも生きていけそうと思われる可能性があります。
正解は、「しつこさをみせない女」。基本的に飲み会など、普段は彼の行動を束縛しない姿勢を保ちましょう。男子は基本的に束縛嫌い。結婚後も束縛されたくない人がほとんどです。
一方でケンカやトラブルなど、二人の関係が危うくなった時には、必ず何かしらの解決策を出すこと。時には浮気など、怒り心頭な出来事もあります。本当に結婚したい相手なら、見切らずに次は浮気させない方法の提案を。ここぞという時に、何があっても離さないしつこさを持ちましょう。

4、将来を連想する言葉を繰り返す

結婚という言葉を自ら出すのはNGですが、自然と将来を連想するような言葉はプラスになります。
例えば、「ずっと一緒にいたいね」「どんなことがあっても、○○と一緒だと乗り越えられるよ」「私が老後を見てあげるよ(笑)」など。マインドコントロールじゃありませんが、言葉で聞いていると、相手も同じ気持ちになるものです。

5、彼の家族に気に入られる

彼の家族に気に入られると、結婚はグンと近くなってきます。高島彩も、北川悠仁の家族に気に入られて結婚が決まったとのこと。基本的な常識や思いやりを忘れず、彼の家族の考えや趣味を受け入れる姿勢が大切。彼の家族と共通の趣味嗜好があれば、距離が縮まり気に入られやすくなります。

ライター:宮野茉莉子
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」
がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!