わたしたちの恋愛ステージを動物界にあてはまると、こんな感じ?というちょっと面白い考察

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.08.13.Sat

人間は高度な頭脳をもった知的な生き物、そしてとりわけ女性はこと恋愛となると、想像力豊かにいろんな恋愛を想像したり、ロマンスを追及したりします。でも、異性を求めるというその原点は、動物のそれと変わらないんじゃないの?という視点で、恋愛の各ステージを動物にたとえてみた面白い考察をご紹介しましょう。あなたの恋愛に、あてはまっていますか?

ステージ1 行動パターン:相手をもとめさまよっている

動物にたとえると、、貪欲なライオン

ほとんどの恋愛は、どちらか一方が相手を追いかけることからスタートします。わたしたちも恋愛局面では、一群を率いる雌ライオンのごとく貪欲なハンターのような心意気で相手を探しています。

ステージ2 行動パターン:自分をよく見せようと見栄を張る

動物にたとえると、、ゴージャスな羽を広げ、メスにアピールする孔雀

恋愛の第2ステージは相手を見極めようとするデート期間、まだ安定したカップルとはなっていないけれど、相手に自分を良く見せようと、男は経済力、女は外見的魅力をアピールしようと、ちょっとムリをしてでも頑張ってしまう時期です。まさに恋の駆け引きをするのがこのステージ。

ステージ3 行動パターン:あまーい蜜月を楽しむ

動物にたとえると、、好色なウサギ

ステージ2を経て、お互い意気投合、カップルとして相手を認め合います。“恋は盲目”とはまさにこの時期のこと、すべてがバラ色にみえてしまうラブラブな時期です。相手のことが好きすぎて、恋愛中毒におちいりがちなのもこの時期、趣味や友人関係といったセーフティネットも用意しておくことが大切です。

ステージ4 行動パターン:相手に幻滅をおぼえる

動物にたとえると、、偏屈なワニ

ラブラブなときは、相手のすべてが良く見えていても、完璧な人なんて存在しないもの、やがて欠点や気になる部分が見えてきて、幻滅をおぼえるのがこのステージ4、いわゆる倦怠期というやつです。まるでワニのペアのようにケンカが増えるでしょう。でも、悪いことばかりではありません、この時期こそ、ステージ3では見えなかった相手の本性がよく分かるときなのです。相手が本当に自分のパートナーとしてふさわしいかどうかじっくり見極めるときにきています。

ステージ5 行動パターン:相手のよさを見直す

動物にたとえると、、冬眠中のクマ

恋愛のアップ、ダウンを経て、それでもこの相手と一緒にいたいと思ったとき、はじめて本当の関係が築けるのかもしれません。お互いのよさを見直し、やっぱり一緒にいたいと思う、ふたりの関係は安定期に入ったといえます。でも、この時期は関係が心地よくまるで冬眠中のクマさんのような安心感が。。。

ステージ6 行動パターン:生涯の約束を誓う→結婚

動物にたとえると、、つがいのペンギン

あなたは恋愛ゲームを勝ち抜き、ついにハッピーで安定した関係を手に入れ、そして輝かしい将来を共にしようと約束するまでになりました!仲の良い夫婦のことを“おしどり夫婦”ともいいますが、ペンギンも生涯浮気せず、一対のペアとして添い遂げるといわれています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!