恋愛迷路にハマり中の女子必見!最強のマーケティング×ヒアリングを重ねた蝶々『なでしこの恋愛教科書』

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.05.18.Fri

「いい男がいない」「モテない」「随分まともな恋愛をしてない」と嘆く女子の皆さん。
「これからは幻想とっぱらいの、原本むき出しのサバイバル状態。精神的にお姉さんな女子が、‘恋愛も、女性主導’ということを分かってないと、本当の恋愛はできない」という蝶々さんの言葉を知っておくべきかも!
蝶々さんといえば、『小悪魔になる方法』で一躍有名に。著書も自ら「机上の空論はナシ」というごとく、銀座OL~ホステス時代、世界をかけめぐる大人女子の今まで、マーケティング×ヒアリングを重ねた結果がいっぱい。「本当の恋愛」をしたいなら、この本で出口に出るための答えを見つけるのが早いですよ♪

なでしこの恋愛教科書 蝶々(著)

なでしこは「いつまでもナデナデされる女子」という意味もあった!

蝶々さんのいうなでしことは、「可憐ではかなげに見えつつ、芯のある強さを持ち、男を立てつつちゃっかり操縦しちゃう女子。そのココロは、撫でられて可愛がられる女のコ!いつまでも、いくつになってもパートナーから大事にされる女性」。
わかっててもできないし、付き合いが長くなると大事にされないという声が多く聞こえてきそうですね。筆者もその一人だったんですが、著書を読むと改めて「27歳にもなって自分のことも男という生き物のことも、何もわかっていなかったんだな」と気付かされました。

今は恋愛価値観の過渡期 いかに自分に合った恋愛をするかが重要な時代に

恋愛アドバイザーによるアドバイス記事を読んで気付いたのですが、リーマンショック・大震災を経て、恋愛価値観が明らかに変わってきています。少し前までは安定思考。「誰と恋愛をしても同じ。安定した相手なら今の彼で頑張って」というアドバイスが目立ちました。しかし今は「本当に好きになれる彼を探して」というアドバイスが増えています。
「高収入で結婚&父親向きの性格」はもはや結婚相手にふさわしい時代ではありません。大企業でもいつ倒産するか分からないし、いつまた地震が起こるかわからない。さらに既婚者の4割といわれている日本のセックスレスは深刻な状況。恋愛では、「自分らしく幸せになる相手」を探すことが重要視されている、いわば「本物の恋愛」を求める時代になりました。
蝶々さんも著書では、「年収だの会社だの、ヘンな常識にとらわれていないコたちの方が、今、きちんと身の丈にあった、自分らしいしあわせを手に入れている。」と言っています。まずは「自分に向き合い、自分の求めている幸せを知る」ことが大切なんですね。

ステップ1 運命の相手は‘濃度’と‘クッキーの型’でわかる!

著書では「運命の相手は、お互いの‘濃度’と‘クッキーの型’でわかる!」という新鮮なアドバイスもあり。「濃度=その人の質&世界観」「クッキーの型=凹凸欠けるボケとつっこみの相性」。これがぴったりハマるると、なかなかハズれないので、見分けるだけで時間の無駄も省けるそう。詳しくは蝶々さんの性質を具体例に説明されているので、要チェックです。

ステップ2 男(彼)を知る

次に知るべきなのはありのままの男の姿。恋愛になると「自分がどう見られているかや自分の気持ち」優先になり、男を知ると言う部分が欠けがちですよね。でもそこが実は落とし穴。恋愛迷路にハマる人は、ここで迷う人が多いのです。
そうはいっても、イマイチわからないのが男。ここは蝶々さんのマーケティングを参考にしましょう!著書では男という生き物の素の性質から、出身県・血液型・きょうだい構成・職業に分けて特徴を説明されています。

ステップ3 ツボを押さえてなでなでする

実践編では、出会い~別れにおいて男子とどう付き合うかが説明されています。その中では、「いつまでもナデナデされる」方法も。それは著書でのお楽しみにして、今回は「運命の出会いの見分け方」をご紹介します。
運命の相手とは、「選んでないのに一緒にいる流れにされてしまう」よう。例えば意外な共通点があったり、何かしらのサインがある。さらに、「皮膚感覚が合う」。一緒にいるとやけになじむという人はいませんか?生理的にキスもできない人は本当にダメ。女の直感や生理感覚はだましきれないから、大切にしたほうがいいそうです。

いかがでしたか?気になった方は著書を読んで、いつまでもナデナデされる女子になってくださいね☆

ライター:宮野茉莉子
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!