結婚ってやっぱりいいいなという理由の数々

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.08.27.Sat

いつかは結婚したいなと思っている人も、結婚について否定的な人も、ぜひちょっと考えてみてください。どうして世の中に結婚という仕組みがあって、多くの人がそれを選ぶのでしょう?
たしかに昔ほどの強制力はないにしろ、それでも誰かが「結婚します」といえば、「おめでとう、お幸せにね」と祝福してあげるのが私たちの住んでいる社会です。

昨今では、離婚率も高くなり、「おひとりさま」という言葉がひろく認知されていますが、それでも結婚っていいな、と思える理由ってなんでしょうか?ニュージーランドのメディアでは男性目線から、こんなふうに紹介されていました。あなたは共感をおぼえますか?それとも、やっぱりどこかで反発を感じる?

いろいろあってもやっぱり結婚っていいなと思える理由

一人ぼっちにならない、困ったときも傍にいてくれる相手がいる

例えば、あなたがひどい風邪を引いて、誰も見舞いに来てくれる人がいなくても、結婚していれば、妻(あるいは夫)が常に傍にいて自分を支えてくれます。単なる交際相手でもおなじことができるとはいえ、配偶者とは、 “困っているときも、すべてが順調にいっているときも、そばにいる”と社会的に合意している、いわば“オフィシャル”な関係なのです。

結婚相手とは、生涯を共にするパートナー、20代あたりで、周りが結婚しているから、自分も、なんて安易には考えないで。同じ価値観、人生観を共有できるか、この人といて後悔することはないか、よくよく見極めてから相手を決めるべきです。結婚の適齢期とは、人それぞれなのだ、ということを忘れないでおきましょう。

結婚で経済的な安定もゲット!

結婚は、双方の愛情に基づくものですが、生活してゆくとなると経済力についても考えなければなりません。ふたりで別々に暮らしているより、ひとつの住宅に住むほうが、賃貸、持ち家にかかわらず経済的だし、生活費も割安に、税金的にも有利。こうしたメリットを生かさない手はありません。また、既婚男性は独身男性よりも、平均して収入が高いといいます。守るべき家庭を手に入れると、やはり男性ももっと力を発揮できるのでしょう。これからの世知辛い世の中を生き抜くには、ひとりよりふたりのほうが断然心強いのです。

ヘルシーに長生きできる

結婚生活による健康面のメリットは、女性よりも男性のほうがはるかに顕著に表れるといいます。妻がいれば、無謀な暴飲暴食もある程度ストップが効き、さらになにか不調があったら医者にいくよう勧められるので、病気を未然に防ぐことができるのだろうと、思われます。また、性生活においても、配偶者と安定的に楽しめるので満足度も高いようです。ですから、既婚カップルは、ヘルシーかつハッピーに長生きを享受することができると考えられます。

あわせて読みたい

参考記事:10 reasons to embrace marriage

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!