ふたりの関係、もはや終わったと覚悟したほうがいいときのサイン

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.09.12.Mon

ふたりの関係がラブラブのときはいいのですが、どちらか一方の愛情が冷めてしまったり、よそに移ってしまうこともあるのが、人情というもの。
もし、相手のそんなサインを感じたら、覚悟をしたほうがいいかもしれません。相手の愛情を取り戻そうと、ジタバタしても、うまくいく可能性は低いし、なによりもあなた自身、次のステップに移るときが来ているのでしょう。次の新しい恋愛に潔くすすむためにも、そんな“潮時サイン”を知っておいて、損はありません。

◎恋愛関係が終わりに近づいている“サイン”

すでに“カップル”として行動していない。

たとえ表面的には一緒にいても、内実はほとんど一緒に過ごす時間がなく、すれちがいの生活が続いている、というのは、破局の前兆になります。
どちらかが、仕事でほとんど帰ってこない、友人同士の集まりにばかりでかける、ネットやゲームに夢中になっている、そんな理由で、ふたりだけの“密な時間”を過ごさないでいると、もはや本当に意味でカップルとはいえなくなってきます。

どちらか一方が、関係修復に努めることを拒否している。

恋愛関係、あるいは夫婦関係を維持するのはじつは大変なことです。浮気、経済事情、家族問題、様々な要因が関係にネガティブな影響を与えようとします。そんなとき、あなたばかりが問題を直視し、これを改善しようと頑張っても、相手がまったくそれに応じようとしない、乗り気でないならば、いつか一人相撲をしているように感じてしまうはずです。
関係維持はカップルふたりで取り組むもの、どちらか一方が努力を怠っていては、その関係は長続きしません。

不誠実な一方が、元浮気相手を“友人”としてキープしている。

相手が浮気したとして、あなたは寛大にもこれを許したとします。それにもかかわらず、相手が浮気を続けていたら?こういうタイプの人は、浮気のスリル感を味わうと忘れられず、浮気を繰り返すことが多いようです。
相手がどれだけ身の潔白を言い立てても、それが本当かどうか、またいつまで続くかどうか、分かったものではありません。 浮気が続く相手との関係は、あなた自身にとっても悪い影響ばかりです。

このように“終わりのサイン”を挙げていくと、ちょっと暗い気持ちになりますが、でも落ち込まないで!物事の明るいほうもみましょう。いつまでもラブラブな関係でいたいと思ったら、まず以下のポイントを心においといてみてください。

ラブラブな関係を続けるポイント

・その相手といれることに感謝すること
・ふたりの関係を大事にし、尊重すること
・問題があってもお互いが譲りあって、ふたりで解決点を見出していくこと

けっして、たてこんだ難しいことではありません。でも、ときどきこうしたことを忘れてしまい、相手にきつい態度をとってしまこともありますよね。そこを、お互い少しずつ、修正しあってゆけばいいのです。

参考記事:9 Signs Your Marriage Might Be Over

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!