バリキャリ女子必見!男子に本気語りしてはいけない話題とは

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.11.Tue

男子に本気語り(マジ語り)しない方が良い話題ナンバー1を、皆さんはご存知でしょうか。過去の恋愛経験の話? エロ話? 失恋ネタ? 本人は笑っているけれど、周りは笑えない不幸ネタ? 答えはすべて「NO」です。これらを超える、本気語りすべきでない話題があるのです。

その問題の話題とは「仕事に対する考え方」です。これは特に仕事をバリバリしている女子、ずっと前線で働きたい女子、キャリアを積んでいきたい女子、起業したい女子、フリーランスになりたい女子など、仕事を生活の一番太い柱として設定しているいわゆる「バリキャリ女子」に警告しておきたい内容です。

そもそも男子の持っている、基本的な性質を思い浮かべてみて下さい。どんな男子であっても、心の奥底には「好きな相手を(俺が)守りたい」「好きな相手を(俺が)支えたい」という願望を持っています。自分が相手より外側にいて、包み込んであげるイメージです。

最終的にその考えは「コイツの傍に(俺が)いてあげないと…」という結論へ。守る、庇護するという気持ちが本能的に備わっているのが男子です。それ故、一般的に「儚げな女子」「か弱そうな女子」が選ばれるのです。逆に強い女子は、どちらかというと損をする場合が多い。

バリキャリ女子はモテない!?

「自分より強そうな女子」「自立し過ぎている女子」を見ると、男子は後ずさりします。実際にしなくても心の中ではおずおずと2、3歩下がっているのです。そうなってしまった場合、決して短期間のうちに、その女子を恋愛対象として見ることはありません。「なんか自立しててスゴい女子」「俺より強く生きていくタイプの女子」として認知されることはあったとしても…。

男子は恋愛対象とする女子に対しては、「バリバリ働くのが趣味!」「仕事一筋なの!」「1人でも生きていけるくらい稼ぐわ!」という考えの女子を求めていません。恋愛時くらいは安らぎや癒しが欲しい…その気持ちが最も大きいのです。

選ばれたければ、仕事論、仕事への意識的な話を延々と語るのはタブーだと心得て。男子が2人いる感覚にさせてしまいます。聞かれて端的に答えるくらいであれば問題ありません。実際はバリキャリ女子であることをオープンにしても良いですが、あまりし過ぎることなく、語り過ぎることのないように。

そんな状況であっても「結婚して働かない」と言うと「それは困る。働いてくれ」と言う男子は多いので、やや矛盾を感じるものの、バリキャリ過ぎなければ問題ないといえるでしょう。働きまくっていること、それが楽しいのだということをアピールし過ぎないことが、バリキャリ女子の幸せにつながります。


ライター:sonoko0511

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!