仕事で忙しすぎる女子は要注意! 「彼との関係が悪化する」サイン6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2017.08.25.Fri

お仕事が多忙な中、恋も充実させるのって並大抵のことではないですよね。朝早くから夜遅くまで残業、そして休日出勤もしょっちゅう……そんな生活のなかでだんだんとすれ違いが生まれてくるんです。仕事が忙しすぎると、そんな初期サインすら見落としかねないので注意が必要です! 二人の心の距離が広がりすぎる前に、どうかそのことに気づいて立ち止まってみて!
今回はそんな要注意な初期サインをまとめてみました。

彼との関係が悪化する要注意サインって?

1: 近況報告が2週間近く前の出来事なんてことがしょっちゅうだ

恋人同士なのだから、うれしいニュースや近況報告は誰よりも先に知らせたいと思うもの。でも忙しさにかまけて、普段ゆっくり話をする時間もとれていません。だから近況報告の内容が2週間以上も前の出来事だったなんてことが、しょっちゅう。それじゃあもう、近況ではありません。
恋人としてリスペクトする気持ちがあるなら、どんなに忙しい日々でも短い時間でいいので、“今日はこんなことがあったよ”なんて話し合える時間を持ちたいものです。たとえそれが夜ベッドに入ってからの5分でも、大きな違いです。

2: ゆっくりと時間を気にせず楽しめるデートなんて、ここ2か月間していない

ここ最近、彼とデートしていますか? 仕事が遅くまであって、時計を気にしながら素早くディナーデート……なんてことでは心から楽しめません。デートって本来、恋人同士として甘くロマンティックな時間を過ごすこと。女として美しく装うだけでなく、精神的にも余裕を持って臨みたいものですが、仕事があまりにも忙しいとそんな余裕も持ちようがありません。
時間を気にせず楽しめるようなデートをここ2か月間していなかったら、まずは何としても“ロマンティックデート”を最優先事項としてスケジュールに組み込むべき!

3: 仕事モードから完全オフになれず、セックスももちろん1か月以上ご無沙汰だ

オフィスを離れても仕事のことが頭から離れなかったとしたら、もはや仕事中毒の一歩手前。そんなことではおうちに帰ってからもリラックスできず、もちろんセックスなんか楽しむ余裕もないでしょう。男性だって仕事のストレスで性欲が落ちてしまうことはよくあるのですが、女子だってストレス状態ではそんな気にはなれません! 1か月以上ご無沙汰だとしたら、ちょっとよく考えてみて。

4: いつも仕事用スーツばかりで、デート向きのかわいい洋服なんて全然着ていない

お仕事用スーツをいつもバシッとかっこよく着こなしているのもステキですが、彼が喜ぶようなワンピースやかわいいコーデの服なんて最近ほとんど着ていない……なんてことありませんか? 彼だってあなたの女性らしくて、セクシーな姿を見たいと思っているはず。
仕事が忙しくて日常の大半を占めるようになると、その分気持ちを張り詰めてゆかないといけないので心も“オス化”しやすくなってきます。ファッションは自分らしさを表現する素晴らしいツール、たまにはあえてぐっとフェミニンな装いで彼の前にあらわれてみましょう。

5: お互い生活リズムが不規則で、一緒にベッドに入ることが皆無に等しい

お仕事の関係上やむを得ないことも多いのでしょうが、互いの生活リズムがバラバラで夜一緒にベッドに入れない、もちろん起きる時間もバラバラという生活スタイルでは、ふたりの関係にとって望ましくありません。
せめて週末は夜一緒に過ごすようにする、またすれ違いの生活が続くなら、ポストイットに手書きのメッセージをして相手の目に留まるところに貼っておくといった工夫が、ふたりの関係を良好にキープするためには欠かせません!

6: 仕事ではひたすら我慢を強いられた状態の反動で、彼に対してキレやすくなっている

ハードな要求を突き付けてくる顧客、自分勝手な上司、文句ばかり言っている割には何もできていない同僚や部下……仕事ではたくさんのストレス要因があり、もう我慢も限界! というところまできていることだってあるでしょう。でもそんなイラだった状態では、いざ恋人と向き合ったとき、優しくなれるはずもありません。
彼に落ち度がある訳でもないのに、イラっとしたり、キレてしまうことが増えてきたら、まずは落ち着きましょう。そして彼に素直に謝ってしまうべきです。

「ごめんなさい、今仕事がずっと忙しくて気持ちに余裕が持てないの。あなたに当たってしまったのはそれが原因よ」

▽ あなたがちゃんと自分の行動の非を認め、その原因も分かっていると知れば、彼だって安心できます。そのうえで彼からの精神的なサポートを求めてみてはどうでしょう。あなたがつらかったり、余裕がないときこそ、彼なら喜んで力となってくれるはずです。

▽ 参考記事(海外サイト):Signs Your Work and Relationship Balance Is Out Of Wack

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。