「恋愛中=幸せ」って本当? 恋愛だけに幸せを求めるべきではない3つの理由

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2017.06.19.Mon

素敵な恋人と恋愛をしている時って、本当に幸せな気分になれるもの。そのため、シングルの皆さんは恋愛をすれば幸せになれる、自分が変われると思ってしまうことも、しばしばありますよね。
しかし私たちの幸せは、全てが恋愛に関係するわけであるわけではありません。そこで今回は、恋愛だけに幸せを求めるべきではない3つの理由をご紹介したいと思います。

1. 恋愛が自分のコンプレックスを変えてくれることはない

私たちが太っているだとか、見た目がかわいくないとか、いい仕事をしていないとかそういったことにコンプレックスを持っている場合、恋人がそのコンプレックスを癒やしてくれたり、なくしてくれることを求めてしまうことがあります。しかし不思議なことに、私たちは自分自身に似たような人たちを引き寄せる傾向がありますよね。
もしあなたが自分のルックスに自虐的な姿勢でいるのであれば、そういった人たちが周りに集まります。その一方であなたがキラキラと楽しい生活を送っていると、周りにも同じようにいろんなことをとことん楽しむ人たちが集まってくるのです。
つまり「素敵な恋人さえできれば、自分は変われるのに」という思い込みを捨て、「自分が男だったらこんな彼女がほしいなあ」という理想の女性になるための努力をするべきなのです。

2. 恋愛はあなたの人生を格好良く見せる道具ではない

ソーシャルメディアに彼氏との楽しそうな写真をたくさんアップしている友人の投稿を見ると、「けっ!」という気持ちと同時にうらやましさもありますよね。
それを見ていると「ああ、私も恋をしたいなあ」と思ったりするわけですが、その気持ちは「私も友達みたいに彼氏との楽しい写真やエピソードを投稿して人生を謳歌している姿を他の人に見せつけたい」という願望を生みだしてしまい、人生を格好良く見せるための道具として彼氏探しをはじめてしまうことも。
しかし実際のところ、恋愛の近況をいちいちソーシャルメディアで友人たちに共有なんてしていたら、ケンカになってうまくいっていない時や破局した時に、投稿がピタッととまるので、みんなにお知らせしなくてもすぐにバレるという悲しい状況に追い込まれてしまうのです。

3. 恋愛があなたの心の隙間をすべて埋めてくれるわけではない

家族とうまくいっていなかったり、友人関係がこじれたりしている時って、心にぽっかり穴が空いたような気持ちになりますよね。そんな時に恋人ができると、その恋人が全ての心の隙間を埋めてくれたような気がしてくるもの。確かに誰かに愛されていると心が満たされたような気になるのですが、そのことが家族や友人の関係を修復してくれるわけではないのです。
新しくできた恋人も同じく人間なわけですから、家族や友人との関係がこじれたように、どこかで同じような状況におちいる可能性だっておおいにあるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。