「ひと夏の恋」は卒業! 夏の恋を長続きさせるコツ3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2017.06.15.Thu

「夏はどんな季節だと思う?」と聞かれたとき、皆さまはどのようなものを思い浮かべますか? 花火・プール・海――こうして改めて見てみると、“恋”に発展するイベントが多いような気がしますね。そう! 夏は出会いが多く、気分が盛り上がりやすい季節なのです。しかしその反面、“ひと夏の恋”という言葉があるように、夏の恋は長続きしにくいことも多いようです。でも、せっかく知り合えた大好きな人との関係がひと夏で終わってしまうなんて……ちょっと寂しすぎませんか!?

高ぶる気持ちを封印するとイイ!

夏特有の気分が高揚する感じを、そのままずっと続けていくとお互いに疲れてしまいます。何事においてもそうだとは思うのですが、メンタル面においても、やはりメリハリというのが必要なのです。つまり、夏が終わるとともに「この人といると、すごくリラックスできるかも!」と思ってもらえるような“落ち着ける雰囲気”にシフトしていけばいいということ。
楽しいことも、穏やかな気持ちも、どちらも共有することができるということが、恋を長続きさせるヒケツなんです!

具体的にはどうする?

1: 安らげる時間を提供する!

夏の疲れが体に蓄積したままハードに仕事をこなさなければいけない彼のために、彼が癒やされるようなデートを提案してみてください。あまり体力を使わなくて済み、かつリラックスできるようなデートプランを提案することができれば、めでたく彼のココロはあなたのモノになるのではないでしょうか。

2: ふたりきりの空間を多めにつくる!

夏はBBQやフェスなど、大勢で過ごすイベントが盛りだくさんです! だから、夏の恋というのはそういうにぎやかな場所で知り合い、意気投合する機会が多いといえると思います。だからこそ、徐々にふたりきりで過ごす機会を増やしてみてはいかがでしょうか? みんなの前で見せる顔と、ふたりきりで過ごすときの顔というのは誰でも違うものです。そのギャップを見せることで、彼にあなたの魅力をもっともっと感じとってもらいましょう!

3: 夏とは正反対のファッションを見せる!

当たり前ですが(その他の季節に比べて)夏は露出が多くなりますよね。派手な色をとり入れて、コーディネートを外したりすることもあるでしょう。夏以降、ひと夏の恋で終わらせたくない相手の前では、ぜひ夏とは正反対のファッションを取り入れてみてください。清楚系・カジュアル系・シンプル系など、彼が好きそうな、そしてファッションの系統の違いがわかりやすいものをチョイスするのもポイントです。男女問わず、ギャップを見せられると弱いものなんですよね~。

夏の恋を長続きさせるヒケツ、ぜひ試してみてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子