「やっぱりこの人が一番好き!」女性が彼への愛情を再確認した瞬間

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2017.04.18.Tue

彼とのケンカも多いし、なんだかマンネリも感じるようになってきた今日このごろ。それでも好きで付き合いはじめた相手だからこそ、「なんだかんだやっぱりこの人が一番だなぁ……」と改めて思うこともあるはず。
そこで今回は「女性が彼への愛情を再確認した瞬間」についてリサーチしてみました。

1: 悩んでいるのを察知してくれたとき

一緒にいる時間が長くなればなるほど、なにも言わなくても相手の考えていることがわかったりするんですよね。

「私が職場の人間関係で悩んでいたら、彼のほうから『最近元気ないじゃん』と声をかけてくれた」(31歳/営業事務)

自分がツラいときにそばにいてくれて、かつ心配してくれるなんてこんなにありがたいことはないかも。「彼のこと好きだなぁ……」としみじみしてしまうでしょう。

2: なんでもない日にプレゼントを買ってきてくれたとき

物をもらえるのが嬉しいっていうより、その気遣いに幸せを感じるみたい。

「彼がなんでもない日に『おいしそうだったから一緒に食べようと思って!』とケーキを買ってきてくれた。ひとりでも私のことを考えてくれているんだと思ったら、なんだか無性に嬉しくなりました」(26歳/アパレル)

長く付き合っていく上では、お互いにこういった“ちょっとした思いやり”が必要不可欠なのかもしれません。

3: 彼の両親や友人に会わせてくれたとき

彼が自分に本気でいてくれていることがわかったら、女性も彼への愛情がさらに芽生えますよね。

「彼が『俺の両親に会ってほしい』と言ってきたときは、改めて『私もこの人とだったら結婚したい!』という気持ちになれた」(32歳/IT関係)

周囲公認の仲になれると、彼のこともますます好きになれますよね。「みんなから祝福されるようなカップルになろう!」と、目標も生まれる気がします。

4: 彼と一緒にいると安心できると気づいたとき

ドキドキだけが恋愛感情ではありません! ホッとできることもときには重要ですよね。

「ふたりで家でテレビを観ているだけで癒される。前は『トキメキがなくてつまらない』と思っていたけれど、いまはこのまったりした時間がなによりも好きですね」(27歳/販売)

彼のことを心から信用できるようになったからこそ、トキメキも少なくなってきたのかも。お互いに素でいられる関係の人と結婚したほうが、安定した毎日を送れそうです。

彼への愛情が薄れていた女性も、ささいなことから気持ちを取り戻すことがあるようです。ふたりの関係がもっとより良いものになれるように、彼女のほうからも彼を大切にしていきましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]