別れる気がないのに「別れよう」と言ってくる男性の心理って?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
きいろ

Written by:

2017.04.16.Sun

どんなに仲の良いカップルでも、意見が合わずケンカしてしまうのは仕方がないこと。ちゃんと話し合って解決すればいいものを、ケンカのたびに「わかった、もう別れようか……」とすぐ別れ話を切り出してくる人っていませんか? 毎回言われると面倒でケンカをするのが億劫になりますし、エネルギーを使いますよね。このことが原因で本当に別れを決意する女性も少なくありません! では、ケンカで毎回「別れよう」と言ってくる男性の心理とは一体なんなのでしょうか?

彼女の気持ちを確かめている

俺のことをちゃんと好きかどうか気になる! という、彼女の気持ちを確認する方法のひとつとして使う場合があります。好きなら別れたくないと言いますし、普段から「好き」を言葉にしない彼女であれば男性としても不安になりますよね。そのため、別れようと言うことで彼女の気持ちをその都度チェックしているんです!

自分に自信がない

「俺と別れたほうが幸せになれるんじゃ……」「毎回こんなくだらないケンカばかりして申し訳ない……」という、よくある“別れたほうが相手のため”の考え方です。
こういう男性は、「ちゃんと好きだからね」と言葉にしてあげると「俺は愛されてるんだ!」と自信を持ち始めるので、少しずつ別れようと言ってくる回数が減ってくるかも……?

単純に「引き止めてほしい!」と思っているだけ

「別れたくない!」と言われることに快感を覚えている方もいらっしゃいます。「そっか俺と別れたくないんだ」となぜか上から目線になるのも特徴ですね。「俺が必要なんだ」という優越感に浸りたいときや、ケンカで優位なポジションにつきたいときに使いがち。こんな男性には要注意! 場合によってはそのままさっさと別れてしまったほうが気が楽になるかもしれません。

ケンカを早く終わらせたいから

「別れよう」「別れたくない!」のやりとりをすることで、今まで争っていたケンカとは別の話題、つまり別れ話に発展するので、その話の切り替えによって相手に謝りやすくなります。小さなケンカをしてしまったとき、早く終わらせたい便利な言葉として用いる方もいるようです。言われたほうはたまったもんじゃないですよね!

すぐに別れようという男性はほぼ別れる気がないため、毎回ケンカのたびに言われてうんざりすると思ったら「わかった、別れよう」と言ってみましょう。相手は相当焦りますし立場が逆転します。
「次言ったら本当に別れるからね?」と釘を刺すといいかもしれません。「別れよう」という言葉は相手を傷つけますので、気持ちを確かめるための言葉として使わないように、皆さんも気をつけてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

きいろ

アイドル活動や、メイド喫茶に勤めていた経験を生かし、皆さんが楽しめるものを執筆していきます。
ゲームをしたり、アニメを観るのが好きな根っからのオタクですが、外の世界も大好きです。

twitter
https://twitter.com/yellow_cnmeid

ameblo
http://ameblo.jp/miretteretta/