結婚相手に選んではいけない男性の特徴 ~結婚を決めるときに必要なこと~

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
原桃子

Written by:

2017.04.14.Fri

結婚相手に選んではいけない男性って、どんな人だと思いますか? 浮気やギャンブルをする人はもちろん問題外ですが、ほかにもどうしても外せないことがあります。今回は、結婚相手に選んではいけない男性の特徴についてご紹介します。

1: 自分しか愛せない男は絶対にNG!

濃密なコミュニケーションを築くことができない男性は避けましょう。仕事や友だち、普段の人間関係はそこそこうまくやっている、そして安定した収入もあり仕事もできる……なにも問題ないように思えますが、恋人との濃密な関係を築けない男性がいます。そんな男性の特徴は以下の3つ。

・ 彼女が感情的になったら、受け止めることができない
・ 面倒くさくなったら、話し合いもせずいきいなり連絡を絶つ
・ 家庭や恋愛で頑張る必要などないと思っている

彼女だって人間ですから、余裕がないときに当たってしまったり、意見が合わずに感情的になることもあるでしょう。しかし、そんな彼女を受け止めようとせず、面倒ごとから逃げてしまうのが自分しか愛せない男性です。
話し合ったり、お互いの気持ちを言い合うような濃密な関係は苦手。彼女と向き合うことなくいきなり連絡を絶ち、ほとぼりが冷めたときにやっと連絡をする……そんな身勝手さがあります。

2: 家庭では安らげて当然!?

自分しか愛せないない男性は、「家庭のなかで自分が頑張る」という発想がありません。マザコン気質なところがあるので、なにもせずともおいしい料理がでてきて当然。部屋が片付いていてリラックスできるのが当然……だと思っています。しかし、実際はそんな家庭ばかりじゃありませんよね。
共働きであれば家事を完璧にこなすなんて至難の業。子どもができたら部屋だって散らかるし夜泣きだってあるし、余裕をなくした奥さんはヒステリーをおこすことだってあるでしょう。そんな状況に陥ったとき、彼らは家族を支えるどころか「思い描いていた結婚生活と違った……」なんて言って浮気に走る傾向があります。あまりにも身勝手ですよね。

3: 自分の愛情で相手を変えられるなんて思ってはいけない

そんな身勝手な男性と付き合ってしまったとき、「自分の愛できっと彼を変えてみせる!」と意気込む女性もいるでしょう。しかし、おとぎ話じゃないのですから、愛で人を変えることなんてまず無理なのです。
人が変わるときは、ものすごい窮地に追い込まれているか、自分がどうしても変わりたいと強く思ったときだけです。今はそんな彼との別れがツラくとも、さっさと別れて次の相手を探すことが、あなたのためになるでしょう。

4: 相手を幸せにしたいと思えるかどうか

「この人は自分を幸せにしてくれるだろうか?」――彼女を結婚相手に選んでいいのか不安になり、ほかの女性とてんびんにかけるような男性は、自分のことしか愛せない男性です。
これは女性にもいえることですが、自分の幸せよりも、相手を幸せにしたいと思えますか? 結婚は、自分のメリットを考えてするものではなく、相手を幸せにしたいと思ってするものだと思います。どんなに経済力がある男性だって、ある日突然病気になって働けなくなるかもしれません。そんな状態になっても、相手を支えようと思うのならば、それは結婚すべき相手でしょう。男女ともに、そう思える相手と結婚することが幸せだと思います。

自分しか愛せない人は、家族を守れません。しっかり相手を見極めると同時に、自分も相手の幸せを考えられる人間なのかじっくり考えてみる必要があります。愛だけじゃ結婚生活は成り立たないという意見もありますが、愛がなければ乗り越えられないことだってあるはずです。お互いを思いやれる夫婦になれたらステキですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

原桃子

アラサ―OL、フリーライター。
いつだって自分らしくマイペースに生活中。
悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。