仕事も恋も基本は同じ! 恋人づくりに必要な「営業力」の鍛え方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

仕事も恋も結婚も、すべて基本は同じ! 相手がなにを考えているのか察して先回りしたり、相手が喜ぶようなことを自分からしてあげたりと、積極的に行動することが大切になってきます。恋愛といえど「営業力」はとっても重要。そこで今回は、恋人づくりに必要な「営業力」の鍛え方をご紹介いたします。

空気を読みながら距離を縮める

仕事も恋も理論は同じ。いくら自分を売り込みたいとはいえ、相手のペースを乱してまで売り込むと当然迷惑がられてしまいます。お近づきになりたいなら、あくまでも空気を読みながら少しずつ距離を縮めていきましょう。
たとえば、念願叶ってデートができたとしても続けざまに「今度はどこ行きます?」「また誘ってください」とガツガツと攻めてしまうと、相手のタイプによってはドン引かれる可能性もあります。
彼のほうから「次のデートいつにしよっか?」と言わせるためには、さりげなく「また会えるといいね」「デート誘ってもらえたら嬉しいです」と控え目に、でもちょっとだけ彼の領域に踏み込む程度にしておきましょう。

友人にどんどん紹介してもらう

仕事も恋も「人脈」は重要です。とくに恋愛の場合は社会人になると意外と出会う数が減り、彼氏づくりに苦戦するものです。頼れる親友たちがいるなら「誰かいない?」「いい人がいたら教えてほしい」とお願いしておくことが大切です。
なかには彼氏もちの親友に対してプライドが邪魔をし、素直にお願いできない方もいらっしゃるようですが、そんなプライドはムダ! さっさと捨てちゃいましょう。ずっと付き合っている友人なら、あなたのために誰かいい人を紹介してくれるはずです。

SNSは履歴書です!

恋活・婚活を成功させたいなら、SNSを履歴書だと思って毎日更新しましょう。自分自身を一ブランド、あるいは一企業だと思って、イメージをつくりあげていくのです。
たとえば、男性から仕事ができる人と思われたいなら、友人と騒いでいる動画を載せるよりかは「美術館へ行きました」「こんな本を読みました」と知的なところをアピールしていく必要があるでしょう。SNSを更新するときは、テンションに任せて更新するのではなく、自分らしい文章と写真でブランディングをしてみてくださいね。

男友だちにも売り込む

今まで友だちとして付き合ってきても、正式なデートをしてみて初めて恋心を抱くパターンも珍しくありません。男友だちは友だちだから……と割り切るのではなく、勇気をもって自分自身を売りこんでみましょう。
ただし「彼氏がほしい」とアピールしすぎると、相手にこちらが意図していることがバレてしまいますから、あくまでも二人でお出かけを楽しむくらいのスタンスでいたほうがいいかも。

いかがでしたか? 仕事と同じで恋に必要なのも「営業力」なのです。いきなり飛び込み営業はできません。きちんと自分の頭で作戦を立てて実行に移していく行動力も同時に必要になるでしょう。素敵な彼氏をゲットできるように、営業力を鍛えてみては?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

山口 恵理香(やまぐち えりか)

WEBライターとして活動中。90年生まれ。
得意ジャンルは恋愛とライフスタイル、ファッション、ビューティーなど。
モットーは「瞬間を生きる」。現在、googirlのほかにAppwoman、TRILL、GODMake、コスメ二スト、サプリ、Ciel、マイナビティーンズなど20媒体以上で執筆中。
記事を読んでいただいた皆さまの背中をそっと押せる書き手であり続けたいと思っています。