リアルボイスにほっこり! 既婚男性に聞いた「結婚してよかったこと」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
下村さき

Written by:

2017.03.17.Fri

男同士の飲みの場でのろけたりはしないけど、実は既婚男性が「結婚してよかったな」と思うことって多いのだそう。
恥ずかしいから普段は口にはしない、でもこっそり感じている、そんな「結婚してよかったな」というほっこりエピソードを既婚男性からきいてきました。

健康的になった

「一人暮らし時代、お風呂はシャワーで、食事は毎日居酒屋かコンビニ弁当。シーツを洗ったことも布団を干したこともなかったからか定期的に体調を崩していたのに、結婚してから風邪をひいていません。家を掃除して栄養ある料理を作ってくれる嫁に感謝してます」(20代/男性)

▽ 共働きだと、忙しくて家事はおろそかになりがち。でもこんなふうに感謝されてるとわかれば、頑張れちゃいそうですね!

仕事を頑張れる

「もともと仕事は好きな方だったけど、結婚してから『家庭のために』頑張らなきゃと思うことが多くなった。会社から帰ると言われる『お疲れさま、おかえり』がこんなに原動力になるとは」(20代/男性)

▽ たった一言で旦那さんをこんなにも動かせるなんて! 毎日、「お疲れさま」「ありがとう」を惜しみなく伝えましょう。当たり前な言葉ほど、大切にすべきだと感じるエピソードでした。

暇でも楽しい

「趣味がないので、テレビをつけてゴロゴロするのが独身時代の日課でした。そんな暇な時間を一緒に過ごす相手がいるだけで今とても楽しいです」(30代/男性)

▽ 何気ない日常が幸せに変わる……これこそ、結婚生活の醍醐味ですね。なにをするわけじゃなくても同じ空間で一緒に過ごすことは、円満な結婚生活につながるのかもしれません。

話し相手がいる

「その日にあった楽しかったこと、ムカついたこと、どうでもいいことを話す相手がいるのは幸せ。遅く帰っても寝ないで待っていてくれて、二次会に付き合ってもらえたりすると、この人と結婚してよかったなと思える」(30代/男性)

▽ お互い働いていると時間のすれ違いも起こるもの。それでも、朝と夜に少しでも会話時間をとれればこんなにも彼を満たすことができるのですね。

助けてくれる家族がいる

「もともと腰痛持ち。一人暮らしのときには痛みが出るとご飯も買いに行けないしお風呂にも入れないし……だったけど、結婚してからは駅まで車で送り迎えしてくれたり、お風呂も着替えも手伝ってくれて……誰かと一緒に暮らすという安心感を改めて感じた。自分が元気なときには全力で家族を守ろうとも思えた」(30代/男性)

▽ 共働きでも専業主婦家庭でも、夫婦が互いをいろいろな面で支え合っているのは同じ。ありがたさを感じて、元気なときには自分が頑張ろう! と思ってくれる旦那さん、素敵ですね。旦那さんにそんなふうに思ってもらえるような奥さんでいたいものです。

きちんと口にしてくれなくても、二人でいると安心しきった様子でいるのなら「結婚してよかったな」と思っているのかも。
いつまでも素敵な夫婦でいてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

下村さき

恋愛デトックスカウンセラー/ライター。芸能活動を経て、会社員から独立。自身の体験から、浮気・不倫・失恋リカバリーなど「不毛な恋愛」のデトックス方法をメインに指導し、悩んでいる人の恋愛スタイルを矯正。恋愛のもやもやを吹き飛ばし、幸せな恋を引き寄せる『恋愛デトックス』サービスを運営。著作に、『わけもなく男が魅かれる女 50のルール』(三笠書房)など。
オフィシャルサイト:http://shimomura-saki.com/
無料メルマガ:http://www.mag2.com/m/0001674405.html