男子が「お姫さま気どりのやばい女子だ」と思う瞬間5つ【第1弾】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2017.03.15.Wed

初デートのとき、多くの場合、今後は続かないだろうなあと思う人とうまくいきそうな人って見分けがつきますよね。今回はそんな、男子が初デートのときに「お姫様気どりのやばい女子だな」と感づく瞬間を集めてみました。

女の子の友だちがいない

女友だちが1人もいないと言われたとき。こういう場合、恋愛依存症な女子が多く、付き合ってしまうと1人の時間を完全に奪われ、すべての時間を彼女に捧げなくてはならなくなる事態に陥るため、男子は「逃げた方がいい!」というセンサーを察知。
また、女友だちはいなくとも、男友だちはたくさんいて、いつもやきもきさせられる可能性もあるので、もともとヤキモチ焼きの男子はこういう女子とは絶対に合わないのです。

ドラマクイーンが嫌いだと発言する

「私ってドラマクイーンみたいな人、大嫌いなのよね」と語りつつ、話を聞いているといつもなにかしらの事件に巻き込まれていることがわかったとき。まわりで常に悲劇や悪い意味でのドラマ的展開が起きている女子って、実はその子自体が悲劇のヒロインだったりすることが多いのです。そんなお騒がせ女子とは付き合っていると疲れてしまいますからね。

誰も自分のことをわかってくれないと発言する

「誰も私のことをわかってくれないの。だからあなたも私のことを100%理解できることはないと思う」なんて挑戦的な発言をされたとき。すでにこの女の子に夢中な状態ならば、躍起になるかも知れないけど、そうではないときにこんなこと言われてもうざいと思ってしまうだけなのです。

猛烈にディ○ニーのプリンセスキャラクターが好き

持ち物のなかにディ○ニーのプリンセスキャラクターのグッズがあるのはもちろんのこと、たとえ話にお気に入りのプリンセスの発言なんかをとりいれてきたとき。プリンセスシリーズが好きな女子はたくさんいるけれど、あまりにも陶酔している場合、ことあるごとに悲劇のヒロインに変身したり、バースデーやクリスマスなどのときに異常なまでにロマンチックなサプライズを期待されるので無理。

しょっちゅう「女子」であることを主張する

デートの最中に「私は女の子だからこれはできない」「女の子にこんなことさせるの?」「女の子はこれはやらなくていいの」などなど「女子」であることをやたらと主張してくるとき。たいていこういう場合は「男なのにこんなこともできないの?」と、「男はこうあるべきだ」という理想を押し付けてくる可能性が高いため、付き合ってもいちいちイライラさせられることが多くなるのです。
そのくせ、こういう女子はしばしば「男女平等」を訴え、持論を展開してくることもあるのでやってられない状況に追い込まれたことがある男子も多くいるのです。

▽ 第2弾はコチラ
▽ 参考記事(海外サイト):52 Warning Signs That A Girl Is A Complete And Total Princess

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。