ラブラブだったのに……結婚した途端関係が破綻してしまう4つのワケ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2017.03.14.Tue

付き合っているあいだはラブラブだったのに、結婚して共同生活を始めた瞬間関係が破綻するのはよくある話。今回はそんな離婚劇の裏側を探るべく結婚した途端関係が破綻してしまうワケについてまとめてみました。

1. 結婚生活に求めるものが極端に違う

夫婦のあり方はそれぞれ違うものですが、夫婦のあり方=両親のような夫婦関係、と思い込んでしまうことが多くあります。そのため自分が思い描いている夫婦像と結婚相手が思い描く夫婦像が極端に違うなんてことがよくあるのです。
そこで、お互いが意地の張り合いをしては結婚生活破綻の原因ともなってしまいます。両親のような夫婦関係をコピーするのではなく、お互いが描く結婚の理想像のベストな部分を上手にとり入れるのが円満な結婚生活を維持するヒケツです。

2. 結婚による環境の変化に順応できない

結婚生活を始めるにあたって、引越しをしたり、仕事を辞めて家事や育児に専念したり……環境の変化に順応するのは容易なことではありません。けれど、困難に立ち向かうときこそ夫婦の絆を深めるチャンス。一方、壁にぶつかったときに、お互いの心が離れがちだと孤独感が深まるばかり。
自分は結婚のために多くのことを諦めたのに、旦那はなんの努力もせずにのほほんと生活をしている……そんなふうに結婚相手を責め始めたら危険信号。気持ちが爆発してしまう前に、結婚相手に思いをぶつけることが大切。ただし、このとき感情的にならないことがポイント。責められると逃げる、頼られると寄ってくる……という男性心理を上手に使って話し合いを。

3. ルーチン生活によって許容範囲が狭まる

結婚前は子どもみたいでかわいいなーなんて思いながら片付けていた彼の汚れた下着。結婚後は、毎日リビングに落ちている靴下にイライラ……なんていうのはよくある話。過度のキレイ好きや酒癖の悪さなど、結婚前は寛容に受け入れることができた彼の性格や行動が結婚後に許容範囲外になってしまうこともしばしば。
恋に盲目になっていたため結婚前に許せたことが、共同生活を始めると許せなくなってしまうのは当たり前のことかもしれません。毎日顔を合わせていれば、夫の悪癖に我慢がならないこともあるかもしれませんが、我慢はお互いさまかも!?

4. 単に結婚を焦っていた

婚活に焦りすぎて、とりあえず誰でもいいから結婚してしまった……そんな後悔が押し寄せてくるのは結婚後しばらくしてから。結婚当初はお互い新しい生活にウキウキするものですが、共同生活を始めていくうちに、「あれ? なんかおかしい」といった疑問がひとつ、ふたつ……と少しずつ増えていき、しまいには「相手のことをよく知らずに結婚してしまった」という事実に気づくかもしれません。
だからといって、すぐ離婚というのはなかなか難しいもの。自分の中にある不満や不安を結婚相手に正直に打ち明けて、夫婦関係の改善を図ることも忘れずに。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr